冬の名残鳥
Exif情報
メーカー名 OLYMPUS IMAGING CORP.
機種名 E-5
ソフトウェア OLYMPUS Viewer 2 1.1W
レンズ
焦点距離 300mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/80sec.
絞り値 F4.0
露出補正値 -0.7
測光モード 分割測光
ISO感度 160
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 2048x1536 (1,075KB)
撮影日時 2019-04-06 18:17:25 +0900

1   CAPA   19/04/10 21:37

アトリ(雌)が枝にいました。
3月下旬から見なくなった冬鳥たち、旅立ったかと思いましたが、
まだいました(シロハラもいました)。
他の冬鳥の常連、ルリビタキ、ジョウビタキ、ツグミなどは見ないです。

2   MacもG3   19/04/11 07:42

おはようございます。
アトリまだいるんですね。
今冬はキクイタダキOnlyといった印象でした。
アトリも少なかったですね。

3   エゾメバル   19/04/11 17:33

春が来るといなくなってしまう鳥たちなのですね。
また来年会いましょうと言っているのでしょうか。

4   Ekio   19/04/11 23:14

CAPAさん、こんばんは。
アートした枝との組み合わせが面白いですね。
このところ寒い日も続いていますので帰るタイミングが図りにくいのでしょうか?

5   CAPA   19/04/11 23:52

MacもG3さん、エゾメバルさん、Ekioさん ありがとうございます。
もういないと思っていたアトリ、Ekioさんのおっしゃるとおり
アートのような造形をした曲線状の枝にいたので、とっさに撮りました。

戻る