ノミノツヅリ
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 Canon EOS-1D X
ソフトウェア Windows Photo Editor 6.3.9600.17418
レンズ 180mm
焦点距離 180mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/4096sec.
絞り値 F4.0
露出補正値 +0.0
測光モード 分割測光
ISO感度 200
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 3628x2419 (479KB)
撮影日時 2019-04-13 20:32:18 +0900

1   masa   19/04/14 19:21

「蚤の綴り」・・・小さなノミが着る短衣 という趣旨から付けられた名前とか。
ナデシコ科で結構可愛い花を付けます。花径5mm、道端で一生懸命上を向いて咲いています。
もちろん腹這い撮影です。

2   勉強中   19/04/15 13:10

こんにちは
小さな野草を撮っている時、最近ふと思いました。
この感覚は魚釣りでの「合わせ」と通じるものがあると。
竿先に当たりがあった時、どのタイミングで針を食い込ませるか、緊張する
一瞬です。体力の関係で釣竿からカメラに替わりましたが。
このお写真を拝見し、masaさんもそのような感覚でシャッターを押されたのかな、と思いました。


3   masa   19/04/15 19:04

勉強中さん、こんばんは。
私は釣りをやったことはありませんが、魚の当たりが来た時に針を食い込ませるタイミング・・・というのは何となくわかるような気がします。
ピントリングを回す手先に神経を集中し、ブレないように脇を締めて、息を詰めて、ピントが合った瞬間にシャッターを押します。
一枚撮る度にフゥーと息を吐いて深呼吸です。
くたびれますが、こも緊張感がたまりません。

戻る