営農の夢破れて
Exif情報
メーカー名 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
機種名 PENTAX KP
ソフトウェア Utility 5 Ver.5.7.0
レンズ
焦点距離 36mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/125sec.
絞り値 F5.0
露出補正値 +0.0
測光モード 分割測光
ISO感度 400
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 6016x4000 (17,175KB)
撮影日時 2019-05-08 23:34:58 +0900

1   エゾメバル   2019/5/11 18:13

このサイロが現役のころはこの辺りは酪農家だったのかも知れないで
すね。今はすっかり林になってしまっていました。

2   ペン太    2019/5/11 22:07

lこの鬱蒼とした
 森 木立の中に
朽ち果てているとは言え
サイロがある事が驚きですね。

何時の日か、人類が滅びて
 その後何間年も後には 地球上はどこも
こんな光景に・・・とSFオタクのペン太は想像しました。

3   エゾメバル   2019/5/12 07:07

ペン太さん、有難うございます。
猿の惑星になっても残るかも・・・

4   Ekio   2019/5/12 07:56

エゾメバルさん、おはようございます。
北海道は酪農に向いた場所とは言え、いろいろとご苦労があるのでしょうね。
木立の中に残るサイロ・・・不思議な光景です。

5   Booth-K   2019/5/12 09:33

私も、人類が滅んだ後も、この光景はこのままひっそりと残って行くのかなぁなんて思いました。次の人類が、これは何だと、研究されたり・・。

6   エゾメバル   2019/5/12 10:34

Ekio さん、
Booth-K さん、有難うございます。
実際は何に使われたのか知りませんが、不思議ですよね。

7   CAPA   2019/5/12 10:54

サイロは使われなくなって長く経っているのでしょうか。
周りの草木は毎年季節ごとに営みが行われているようです。
手前の白い花はオオバナノエンレイソウでしょうか、
この花もいつもどおり開花、またサイロの様子を毎年見届けているのでしょうね。

戻る