秋の彩り、秘めたる情熱
Exif情報
メーカー名 OLYMPUS IMAGING CORP.
機種名 E-5
ソフトウェア OLYMPUS Viewer 2 1.1W
レンズ
焦点距離 300mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/250sec.
絞り値 F4.5
露出補正値 -1.0
測光モード 分割測光
ISO感度 200
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 1200x1200 (443KB)
撮影日時 2019-09-08 17:47:20 +0900

1   CAPA   19/09/28 23:22

先日の「秋、緑の中の集い」では主体は黄色(実)でしたが、今回は赤です。
https://photoxp.jp/pictures/203775
小さいながら情熱的な色を秘めている感じがしました。
この赤いのは、白く細長いものが出ていて、何かと思いましたが、
ミズヒキのようです(Booth-Kさんの「バッタモン」に登場)。

2   Booth-K   19/09/29 01:21

ミズヒキは、赤い稲の実の様にも見えたりします。小さくて撮るのが難しいんですが、さすが手に馴染んだ機材でしっかりと捉えてますね。
この超望遠でピンを持ってくるのは凄いですよ。

3   Ekio   19/09/29 06:02

CAPAさん、おはようございます。
Booth-Kさんも仰っていますが、いつもながらの見事なポイントを押さえつつボケの構図を当てる腕は流石です。
彩りのバランスも綺麗ですね。

4   CAPA   19/09/29 09:51

Ekioさん、Booth-Kさん ありがとうございます。
ミズヒキは、日陰の目立たない場所で茎の先が草むらから少し出ていました。
草むらを背景に左手に垂直な草花を配して、ミズヒキの赤が際立つように撮りました。

5   masa   19/09/29 11:30

小さなミズヒキの花のたった一つぶにフォーカスした作品、見入りました。
左にヌスビトハギの薄ピンクをボカシて配置した着想が素晴らしいです。
何の変哲もないヤブの中にこのような世界を見出すCAPAさんの感性に拍手です。

6   CAPA   19/10/01 00:03

masaさん ありがとうございます。
雑木林の手前の草むらに顔を出していた、いくつかの小さい粒のような花たち、
そのうちの1粒を主役にしました。
この花は、その存在に気づく・気づかないにかかわらず、
多くの人は撮らずに通り過ぎるでしょうね。

戻る