「芦花恒春園」
Exif情報
メーカー名 OLYMPUS CORPORATION
機種名 E-M1MarkII
ソフトウェア OLYMPUS Viewer 3 2.3W
レンズ LEICA DG 10-25/F1.7
焦点距離 11mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/500sec.
絞り値 F2.0
露出補正値 +0.3
測光モード
ISO感度 200
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 2400x3200 (3,279KB)
撮影日時 2019-12-22 19:37:09 +0900

1   Ekio   2019/12/23 21:30

自分は紅葉の情報を「ウェザーニューズ」の「紅葉Ch.」で把握します。
紅葉が遅い東京都で今週ただ一つ残った「見頃」が世田谷にある「芦花恒春園」でした。
ここは明治・大正期の文豪、「徳冨蘆花」の旧宅を中心に整備された公園です。

投稿出来ました。管理人様ありがとうございます。

2   CAPA   2019/12/23 22:35

蘆花恒春園の中、落ちついた風情の茅葺家屋ですね。
徳冨氏は、このような閑静な家で作家活動に勤しんでいたのでしょうね。
紅葉が豊かそうです。

3   Booth-K   2019/12/23 23:53

タイムスリップしたような雰囲気。着物にヒゲの気難しいおっちゃんが(勝手なイメージ)が出てきそう。(笑)

4   エゾメバル   2019/12/24 15:13

なかなか渋い雰囲気で心落ち着くような気がします。

5   Ekio   2019/12/24 20:30

CAPAさん、Booth-Kさん、エゾメバルさん、ありがとうございます。
周りは住宅街、そして公園の中と言う事もあって静かな佇まいでした。
明治・大正と言うことであれば、創作に打ち込める閑静な居住まいだった事でしょう。

戻る