太陽のリズム
Exif情報
メーカー名 OLYMPUS IMAGING CORP.
機種名 E-M1
ソフトウェア Capture One 8 Windows
レンズ
焦点距離 15mm
露出制御モード ノーマルプログラム
シャッタースピード 1/500sec.
絞り値 F10
露出補正値 -0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 200
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 4608x3456 (5,396KB)
撮影日時 2014-01-05 19:11:23 +0900

1   kusanagi   20/04/18 23:36

「太陽のリズム」
http://tenkataihei.xxxblog.jp/archives/51960861.html
ここにグラブあり、太陽黒点(黒点数が多いと太陽の活動は活発、少ないと活動は低下)と黒点ゼロ
の日数が分かるようになっています。太陽黒点が減衰すると(現在がそうです)、気温の低下が見られ
やがては小氷期という時代になります。それだけでなく、太陽活動の低下は太陽風の防護の威力が
低下して、地球環境に於ける宇宙線被爆の増加を招き(太陽活動が活溌なときは宇宙線を防いでくれ
ている)、ウイルスなどの突然変異も起きやすくなって疫病が発生しやすくなるようです。
現在は1910代と同じく太陽活動は大きく低下していますね。つまり100年ぶりに同じようなグラフ曲線
を描いている状態になってます。

1910年代とは・・1912年タイタニック号沈没、1914年4月、第1次世界大戦勃発、1917年ロシア革命、
アメリカが世界大戦に参戦。1918年スペイン風邪大流行。という具合です。
ついでに言うと1930年代は世界大恐慌の年です。
1918年のスペイン風邪大流行は2年間位続き、当時の世界人口の1/4の5億人が感染し世界の死者
数は数千万人と言われています。アメリカで発生しアメリカの参戦とともに全世界に蔓延したと言われ
ています。今回は武漢発ですが既に全世界に広まっていますね。

こんな感じで太陽活動のクラフひとつでこれからの世界の経済や政治の有り様が予言できる状況に
なってます。昨年までは地球温暖化と言い、また世界の経済活動は空前の勢いだったことを思うと、
もはや隔世の感があります。太陽活動の低下はウイルス蔓延だけでなく常態的な気温の低下でも
あり、食糧不安を招いて容易に世界不況を引き起こすということを忘れてはなりません。
多くの人は、今回のウイルス騒ぎはいっ時のものであり、それが世界経済や戦争というものに多大な
影響を及ぼすということを知りません。世界の事象は有機的に繋がっているのであり、単に偶然で
ウイルスが出てきたというのではありません。またウイルス騒動の後には、必ず世界的不況、恐慌、
食糧不安や戦争がやってきます。こちらの方がもっともっと問題だということなのです。

今回の新形コロナウィルスは武漢の生物研究所から漏れたウイルスであると言われています。ウイル
スなどを扱う研究所は徹底した防御をやっていなければならないのですが、れいによって中国のこと
ですからイイカゲンだったろうということです。中国共産党は、それを秘匿し且つ初期蔓延を防ぐのに
失敗したことです。またウイルスにはある程度の遺伝子操作の痕跡が残っているといいます。これら
の問題はこれから厳しく追求されるだろうと思いますが、そういうこともこれからの戦争のひとつの原因
にもなるかもしれませんね。

戦後生まれの我々はずっと豊かな時代に生きてきたということであり、ちょうど100年前にあったような
厳しい時代を知る人はいません。これからは本当に意識をがらりと変えて行かなければならないで
しょう。短期間で見ても、このウイルス騒動が数ヶ月で収束するとはとても思えません。数年はかかる
という見方もありますし。ウイルスの特効薬やワクチンができれば。というのもそうは期待できません。
C型肝炎ウイルスやエイズウイルスすら治療薬ができていないのですからね。おそらくは国民の過半
が罹患し集団免疫が出来ることでやっと終息するという具合になるのではないでしょうか。

太陽活動はほぼ10年でサイクルを繰り返しているのですが、100年単位でみるとさらに大きなサイクル
が見えて来そうです。おそらくそういうのは惑星の動きという占星術と深く関連があるような気がして
います。これからの研究対象になりそうですが、ちょっと面白い分野を見つけたという気がしてます。

写真は小さな島の花畑です。芝桜を植えているようですね。他にも多種の花卉や豆類なども植えられ
ていました。85歳になるおばあちゃんが島外に住む息子夫婦の助けを借りながら作っています。

2   9r   20/04/20 22:26

太陽活動の周期は11年と何かで見た気がしたのですが100年の周期というのもあったんですね。
リンク先、面白く読ませていただきました。
その下にあった新興宗教のお寺の記事も。
ちょっとあやしい感じですがものすごい規模でびっくりでした。
新型ウイルスは自然発生ではない作りだとか生物兵器として理想的な特徴だとか色々流れてますねー。

3   kusanagi   20/04/21 23:04

太陽活動の100年周期は、このグラフを見て私が感じただけなのて、あるともないとも言えません。
しかし100年間で大きな山と谷ができているのはグラブをみれば事実です。
太陽活動が気候に大きな影響を及ぼすというのは以前から言われていて、私も関心を持っていた
のですが、その影響はウイルスの発生にも関連することがらなので、これはタイムリーな話題に
なっていくのかなっていう気がしてます。黒点の太陽活動の低下は随分以前から言われていて、
たぶんサーズもマーズもその影響でしょうね。

太陽活動の11年は、多分木星の公転周期が12年。それと木星と土星の会合周期が20年という
ことで、それらのタイムラグを含めた中間点が11年くらいなので、たぶん巨大惑星の公転周期と深く
関係があるだろうと考えています。
武漢ウイルスはこれからアメリカが徹底的に追求していくだろうと思います。白であっても黒と
言わせるだけの迫力がアメリカにはあるので、中国共産党は逃げきれないと思いますよ。(^^ゞ
生物兵器というよりもウイルス研究(遺伝子組み換え)をしていて、それが不用意に漏れでてしまっ
たのだろうと思われます。それでも共産党は海鮮市場云々という嘘を言っていたわけですし、現在
は国際的なウイルス防疫援助外交なるもので大々的に中共の宣伝活動しています。これらもアメリカ
は気に入らないはずです。
サイトの宗教の宣伝はたぶん、たまたまあっただけで私のパソコンからは見えませんでした。

以下、ちょっとネットを調べてみました。
宇宙線 太陽風と太陽磁場
https://www.youtube.com/watch?v=zGN-QaBpWRk
宇宙線が雲を作る
https://www.youtube.com/watch?v=6LWNHV3Zi10
激増している宇宙線と放射線その人類への影響
https://www.youtube.com/watch?v=mUxj2fY96RY
宇宙線と火山、地震との関係
https://www.youtube.com/watch?v=rHZa6-50dDU
宇宙線が気候を変えるー銀河編
https://www.youtube.com/watch?v=z1Y4EZfm4NA
「小氷河期到来か、太陽黒点なしの状態続く。CO2温暖化はどうなった?(1/2)」
https://www.youtube.com/watch?v=N8fQpAhCUw0
「小氷河期到来か、太陽黒点なしの状態続く。CO2温暖化はどうなった?(2/2)」
https://www.youtube.com/watch?v=p7ZswN_gqIo
[ScienceNews]太陽活動に異変!「ミニ氷河期」はやってくるのか?
https://www.youtube.com/watch?v=QEa_8CqrgOU

まあ、こんな感じで幾らでも映像がでてきます。(^^ゞ それにしてもこういう話は普通の人には
わからないです。たぶん想像すら出来ないではないですかね。
太陽活動の変動というものがあって、それが実際に地球に影響を与えるのは太陽風と太陽磁場
のようてすし、そのことは銀河系や太陽系を覆っている宇宙線の存在が大本にあるようです。
宇宙線はウイルスにも人体にも影響を与えますが、宇宙線が雲を作ることで気候に大きな影響
を与えるようです。それが歴史的な少氷期と言われる現象で、これは太陽サイクルと密接な関係が
あるみたいなんですね。(この件に関しては占星術での木星土星サイクルでも研究されています)
そんな感じで、今現在世界で起こっていることは、既に歴史的な大変化が起こりつつあるということ
で間違いのないところでしょう。

いま政府はこのウイルスを止めたいと考えて全国の経済活動や人的交流を止めていますが、これは
失敗するでしょう。遅かれ早かれウイルスは全世界や全国に広まります。一説によると国民の6割
から7割が罹患すると言われています。もちろん重篤になったり死亡する人は極一部だけです。
しかし経済活動を停止すれば国民は疲弊しむしろそちらの害が大きくなり国民は持ちません。
国敗れて山河ありというか、国民が絶えて役人だけが残ってもしようがないでしょう。何の為の政府で
国家なのかというところです。
国民の過半が罹患するとなると、例えば東西枕をしている人と南北枕をしている人という具合であっ
て、これは一人ひとり各人の運勢が決めるということと同じになります。生物としての人間個人が受け
止めるべきことなのであって政府ができることではありませんから。

所謂リベラルな風潮のポリティカル・コレクトネスというのがあって、極端に言えば人の命は地球よりも
重い、というやつです。これに束縛されてしまって今の政府は身動きができなくなっています。一人を
救う為にその陰で大多数人々が不利益を被っているというのでは、それは本来の政治とは言えませ
んね。むしろ一人でも多くの人を救うのが政治であってそれ以上ではないのです。そこを今の政府は
忘れています。こういうことを書くと必ず口だけ綺麗事を言う人間がいるのですが、それは既に考える
能力を失っているだけのことです。

今回は太陽活動サイクルという考え方を取り入れたのてすが、学問的には非常に興味深いことでし
たね。これと従来の占星術とは保管しあってこれからより強固な占術ができそうです。まあここ2年くら
いは大変な時代を迎えることになりそうなのですが、時代というのはそんなものです。今までが安楽
過ぎたというべきですね。ウイルス騒動は一時的なものでしょうけど本当にこれから転換していかなけ
ればならないのは食糧問題です。それには私が以前から関心を持っている農業ですかね。
食糧問題とエネルギー問題がこの世の中で一番大切なのですが、幸いにエネルギーは問題がありま
せん。しかし気温が下がり気候が変化すれば食糧問題は逼迫する恐れがあります。
どうですか、9rさん。今の仕事もいいかも知れませんが、やりがいがある仕事ということでは農業は
良いですよ。直接的に皆を食わせていけることがらですから。

戻る