P・博物館
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 Canon EOS 40D
ソフトウェア SILKYPIX Developer Studio Pro 10
レンズ
焦点距離 16mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/83sec.
絞り値 F2.8
露出補正値 +0.0
測光モード 分割測光
ISO感度 400
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 3000x2000 (5,942KB)
撮影日時 2008-05-03 02:38:28 +0900

1   GG   20/05/08 23:23

「イシュタール門」。古代バビロニアで紀元前6世紀に建設された
もので、青い彩釉煉瓦の壁に想像上の動物が描かれている。イシュ
タールとは戦いの女神で、彼女を守っているのが聖なる動物ライオ
ン。この門も見事だが、そこへ続く道がまた素晴らしい。門と同じ
青彩釉煉瓦の壁に忠実そうなライオンが描かれている。通りの幅は
20メートル以上あったが、ここでは3分の1に凝縮され、180メート
ルの長さも30メートルだけが再現されている。それでも大きな空間
だ。なにより煉瓦の色の美しさ、不思議なブルーと不思議な黄色に惹き寄せられる。=現地ガイドより=

戻る