チュウダイサギ:昔のコンデジ画像
Exif情報
メーカー名 OLYMPUS CORPORATION
機種名 C760UZ
ソフトウェア SILKYPIX(R) Developer Studio Pro 4.1.19.0
レンズ
焦点距離 63mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/250sec.
絞り値 F3.7
露出補正値 -0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 100
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 2048x1536 (1,318KB)
撮影日時 2009-06-13 16:28:27 +0900

1   Hiroshi Nozawa   2009/06/14 05:49

コンデジの画像を一枚。

 今の高倍率コンデジは、画素数の上げすぎで一ピクセル当りの光が弱いです。
コストダウンのし過ぎでレンズの望遠側(テレタン)が暗すぎます。
画像処理が進みまして、画像処理エンジンでごまかしてるのが多い。
 それで、少し昔の、F2.8-3.7等で明るくて且つ、レンズの物理的大きさも大きいものがあります。このタイプが数社から出ており良い写りをします。
画素数が少ないのでトリミングには向きませんが。

2   鳥追い人   2009/06/14 09:52

現状から見て一理あるご意見です。
しかしながら先の意見「今のコンデジの画像は見るに耐えません
ね。かわれた方がかわいそうです。」ちょっと配慮が足りない見解と思います。
悪戯に投稿板で「ボヤ」を出すコメントと思います。
見ている方でも新しいコンデジで撮影されている方の方が
多い訳ですから。

3   Hiroshi Nozawa   2009/06/14 14:27

鳥追い人さん、今日は

 配慮が足りない発言かもしれませんが。
私自身も、1/2.5CCD 1/2.3CCDに 900万画素から1/1200万画素もつめすきてワイドがはともかくテレ単の画質は良くないのでこのタイプはワイド側だけを使ってます。
メーカーのスペック優先主義のウランカナには困ります。
1/2.5 - 1/2.3 CCDは、400万-600万画素の機種がベストと思ってます。

4   youzaki   2009/06/15 01:41

懐かしさを感じる写真を拝見できました。
私もC−2100からC−755まで使いました。
一番良かったのはC−720ですね
その後FZー20に乗り換えFZ−50を使用しています。(メインはE−3です。)
今でも花はFZ−20を使っています。
メーカの売らんかなもありますがユーザーが求めるものを先取りしいるだけです。
今でも十分すぎるC−700番シリーズをやめ、使えない(私だけかも)SPシリーズを出しています。(飛びついて買って1か月で処分)
楽しみで撮る写真なので、機材も自分が納得したものが一番ですねー(経済が持たず満足までは・・)

5   Hiroshi Nozawa   2009/06/15 05:59

youzakiさん、お早う御座います。

 1/2.3CCDに1200万画素も詰め込んで、ユーザーがこれを求めているとは、私にはとても思えませんが・・
でも、昔のテレタンが F2.8-F3.7等の明るくかつ図体のおおきなレンズをつかったコンデジの写りは素晴らしいですね。
F5.*のレンズを使った今の高倍率コンデジでは追いつかないです。

6   ツヨシ   2009/06/15 21:29

Hiroshi Nozawaさん
クールピクスが物議をかもし出しているようですが、まあ、私の場合、このような議論が今後大変参考になりそうです。それでも、まだまだチンプンカンプンですが…。奥深い世界だなと思います。実際、デチ一を買おうとずっと思っていたのですが、経験上や今後のレンズ云々のことなどもあり、ものぐさには一番!!てやつを見つけたつもりなんです(笑)
プロ級の人もいるようですが、私のようなものも参加して教わることができるかもしれないという思いでこの板に飛びつきました。ご批正ありがとうございます。

戻る