蒲生川の近況
Exif情報
メーカー名 PENTAX Corporation
機種名 PENTAX K10D
ソフトウェア SILKYPIX(R) Developer Studio Pro 4.1.37.0
レンズ
焦点距離 200mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/125sec.
絞り値 F8.0
露出補正値 -1.0
測光モード 中央重点測光
ISO感度 100
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 3872x2592 (1,869KB)
撮影日時 2010-09-17 07:52:18 +0900

1   Nozawa   2010/09/17 10:06

夏も終わり、やっと初秋らしい気温になりだしました。

 蒲生川は相変わらずカルガモ数羽しかいません。
アイガモといいますか、マガモとのハーフも今年の夏は見られません。
蒲生川には、浄化槽で浄化された水が流れ込みますので年々葦他の雑草や雑木もすくすくと伸びて大きな茂みになっています。
鴨も住みにくくなりつつあります。

2   youzaki   2010/09/17 11:29

Nozawaさん今日は
川の自然の景観がよく表れて良い感じです。
遠くのカモ(手前)はマガモですね。
こちらにもマガモ、コガモ、ハシビロガモ、オナガガモが入っています。
写真で拝見する限り水を浄化する葦がが沢山あるので川は綺麗になるのでは・・

3   Nozawa   2010/09/17 14:30

youzakiさん、今日は

 頭全体が濃い茶色の鴨はマガモ(多分亜種)ですかね。
マガモ亜種が2-3羽いたのですがカルガモと分かりにくいですね。
アイガモなどとのハーフかと思ってますが、マガモもカルガモもヒナなどは長年見かけません。毎年夏場から初秋はこんな感じです。

 私が鴨の撮影を始めた頃はこの辺りの中洲は石ころばかりの川でした。今は葦だらけです。
この川下で何箇所か岩美町の水道に取水してますが比較的綺麗に浄化された水が川下に流れています。

戻る