黄金色の夕日!
Exif情報
メーカー名 PENTAX Corporation
機種名 PENTAX K10D
ソフトウェア SILKYPIX(R) Developer Studio Pro 4.0.14.2
レンズ
焦点距離 35mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/750sec.
絞り値 F11
露出補正値 +0.0
測光モード 中央重点測光
ISO感度 100
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 3872x2592 (717KB)
撮影日時 2009-03-17 17:37:40 +0900

1   Hiroshi Nozawa   2009/03/17 21:41

 朝から黄砂で太陽が朧になり見えにくい日でした。
夕方になり青空も見えて山の稜線に綺麗な黄金色の日の入りが見られました。
黄砂のお陰で?滅多にない綺麗な夕日が見られました。

2   バリオUK   2009/03/26 01:08

はじめまして。
私は仕事で黄砂の研究をしているのですが、というと正体がばれそうですが、確かに黄砂などの浮遊粒子?によって夕日はきれいになりますね。
黄砂ではないですが、世界のどこかで火山が噴火すると、しばらくの間きれいな夕焼けが見えるといわれています。
大気汚染でも夕焼けが赤くなりますが、この場合は写真で見ても空気が汚いのがわかりますね。

夕焼けの色はなかなか写真に写すのは難しいですが、この写真は見たときの印象と比べてどうでしょうか?
黄金色という言葉からすると、ある程度イメージどおりに写ったようですが。

3   Hiroshi Nozawa   2009/03/26 10:25

お早う御座います。

 春の偏西風の季節は特別黄砂が多いです。
朝日、夕日はトテモ綺麗な色で見られるときが多いです。
でも、黄砂が強いと空気が土臭いです。
 肉眼で見た色より画像の方が金色(黄色)が強いと思います。
デジカメの種類により高い波長、低い波長の光の感度がちがいますのでカメラが違えば色も違います。
コンデジとデジイチでは可也違います。

戻る