マクロって
Exif情報
メーカー名 KONICA MINOLTA
機種名 DYNAX 5D
ソフトウェア DYNAX 5D v1.00
レンズ AF50mm F2.8(D) Macro NEW
焦点距離 50mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/50sec.
絞り値 F5.6
露出補正値 +0.0
測光モード 分割測光
ISO感度 200
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 3008x2000 (2,250KB)
撮影日時 2006-05-12 17:41:57 +0900

1   バリオ   06/05/16 11:12

すんごいですね。
1:1という言葉にごまかされがちですが、こんなもの、顕微鏡じゃあございませんか!
しかも顕微鏡と違って、全体が写りながらのこの細部なので、完全に顕微鏡よりすんごいということですね。
このレンズ、最初に発売されたのが1985年。
フィルムで撮って少々拡大したくらいでは、なかなか
このレンズの実力の恩恵にはあずかれないと思うんですが、よく造りましたね、こんなの。

2   インターナショナル・ホフク協同組合会員No.007へい柔道   06/05/16 14:16

こちらのほうがお写真としてはよりよろしいのでは。

それにしてもいいレンズですねー。
おっしゃるとおりで、くっきり感がたまんない〜。いいなぁ。

3   YUMI   06/05/16 16:00

こんにちは。
突然ですが・・・バリオさんって・・・
学者さん??

4   インターナショナル・ホフク協同組合会員No.007へい柔道   06/05/16 16:18

学者さんっぽい感じもしますねー。
10%ぐらいは学者さんな感じ受けますねー。
ただ、もっとパワフルでアクティブでいらっしゃる感じ。
う〜ん。。。楽しい(^^)/~

5   IHK#014バリオ   06/05/17 15:16

あら、何とバリオが噂になっているではあ〜りませんか。
学会って書いたからでしょうか。
それとも神経質っぽいとか理屈っぽいとかねちっこいとか陰湿だとか?
その全部プラス自意識過剰、あ、そうですか。
まあ、学者といえば学者といえなくも、、あ、そうそう学者といえばねえ、
昔石川県出身の侍が屈斜路湖を調査したらしいんですね、これが後に加賀屈斜と呼ばれるようになったと...
あ〜あ、かすりもせんわい、と見せかけて脱出成功!(寒、ぶるぶるぶるっ)

いや〜、でもほんと、バリオは普段仕事のときはシューンとしてるんですけどね、その反動で、
こういうところにくるとパワフル&アクティブになるんでございますよ...全然あかんがな!!!

ここにチラッと書いたのが実は真相でございますよ。
http://photoxp.daifukuya.com/exec/konicaminolta/8311

戻る