苔の生すまでII
Exif情報
メーカー名 KONICA MINOLTA
機種名 DYNAX 5D
ソフトウェア DYNAX 5D v1.00
レンズ AF24-85mm F3.5-4.5
焦点距離 60mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/60sec.
絞り値 F4.5
露出補正値 -0.7
測光モード 分割測光
ISO感度 200
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 3008x2000 (3,399KB)
撮影日時 2006-07-31 16:15:16 +0900

1   バリオJAPAN   06/12/25 03:18

ネタが切れたら夏からの在庫。
高野山で。

2   へい柔道   06/12/25 03:44

高野山。
終生縁がなさそうなところが見れて良かった。

それにしてもくっきり気持ちよく映ってますねー。
空気が澄み切っているんだ

3   バリオJAPAN   06/12/25 04:29

早速どうも。
このときは横着して、着いてたズームレンズのまま、
えいっ、と撮ったんですけど、結構よく映りましたね。

その言い切り方からすると、キリスト教系ですか?
でも、純粋に観光に行ってもいいとこですよ。
あれだけ霊的なところも珍しいというか、ほかに知りません。

このあと入った茶店に、フランス人ギャルが2人働いてて、しばらく話しました。
今回はこの話の続きはありませんけど。

4   へい柔道   06/12/25 13:37

続き、きぼんぬ。

5   こけ   06/12/25 15:18

これは確かにはえているという表現よりむしているという
感じがしますね。このふさふさ感が良いです。

私も、具体的にフランス人ギャルの続き希望です。(オヤジ・・・)

6   バリオJAPAN   06/12/26 07:50

自分としては楽しかったけど、特におもしろい話はないので、困ったな。
バリコ(=新妻!)も一緒だったし。

茶店に入ると、外国人ウェイトレスと、マスター風日本人男と中の外国人女が、フランス語で話してました。
英語話せるかっていったら話せるっていうので、話しはじめて、
マスター?を除く4人で、カウンター席に座り込んで、
両手に花プラス1(プラス1はどこにしようかな、ウハウハウハ(涎;))状態で、
次の日に出す饅頭を丸めながら話しました。

ギャルというのは言い過ぎで、20代半ばくらいでしょうか。
ウェイトレスはアメリカとフランスのハーフで、マスター?の嫁らしかった。
中の娘は、思ったとおり日本とフランスのハーフで、人生の半分ほど日本に暮らしてるみたいな話でした。
この日x仏の娘は、瞳が深くて、雰囲気があって、すっごい可愛かった。
日本語は日本人と同じように読み書き話すんですが、
英語はうちらと同程度だったので、余計に話しやすかった。
今思い出したんですが、彼女は愛知県で大学院に通ってて、遊びに来てるって言ってましたよ。

その日は帰らないといけなかったので、2時間近く話したところで、残念ながらタイムアップとなってしまいました。

しかし、今思えば、舞い上がってたのでしょうか?
カメラ目の前にでーん、って置いてたのに、写真1枚も撮ってないんですよ。
残念で仕方がない。
それとも夢だったのかな?

7   こけ   06/12/26 08:51

奥さんが一緒では羽目は外せないですね。
そんなシチュエーションに出会ってみたいです。
いいなー。

US, UK在住のバリオさんレベルの英語というのが、
やや敷居が高い気が。通常の日本人だと会話まで行けないかも。
流石に写真、撮らせてとは、私も言えません・・・

8   へい柔道   06/12/26 13:19

と、登場人物数と登場言語数が私の能力を超えてて、わけがわからん...(;_;)。

要するに、よだれたらしながら饅頭つくっていて
ふと気づいたら金髪だらけだったという状況とお見受けしたバキ☆\(^。^;)

ああぁ写真中毒になってしまった文章が読めん。。

9   へい柔道   06/12/26 13:20

バリオさん、写真だ写真だー
再現して写真にするのだー

10   りょうじ   06/12/26 20:06

実にクリアー、めちゃ立体的な描写、今更ながらコニカミノルタの良さを実感してます。

森林浴がこの画像からも体験出来ますね。^_^;)

11   バリオJAPAN   06/12/26 20:15

わしゃこう見えても、もう10年ほど英語圏に暮らしとりますが、
長いこといたって英語なんてうまくなりませんね。
1に才能、2に努力、三枝がなくのは、『いらっしゃ〜い!』
あーーっ、これはやって(すべって)もうたなあ。

12   バリオJAPAN   06/12/26 23:56

登場人物
青空 バリコ・バリオ……新人夫婦漫才コンビ
マスター風日本人男……狂言師的風貌。奥で仕事をしていて、あまりしゃべっていない
米仏女…………………多分マスター風の嫁。ウェイトレスと、仕込みの手伝い
日仏女…………………愛知県の大学院生。深い瞳のナタリー

要するに、金髪は米仏だけだが、涎垂らしながら饅頭は丸めたし、
米仏はやり方が下手なので、手にあんこがつきまくって、それをなめなめしながらその手で丸めてたのは確か。

こんなおいしいシチュエーション、再現できるくらいならとっくにやっとるわーっ!!!

13   バリオJAPAN   06/12/27 00:01

りょうじさん、いつもありがとう。
このぐちゃぐちゃなおやじコメントの応酬の中での、
りょうじさんの冷静かつ温かいコメントこそ、バリオにとっての森林浴体験でありますぞ。

14   へい柔道@ぐちゃぐちゃ   06/12/27 02:19

え〜っと、バリコさんとバリオさんとマスターと日本人と男と☆

戻る