飛鳥八釣に春の兆し(1)
Exif情報
メーカー名 KONICA MINOLTA
機種名 ALPHA SWEET DIGITAL
ソフトウェア SILKYPIX(R) 3.0.3.8
レンズ
焦点距離 135mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/1250sec.
絞り値 F4.5
露出補正値 +0.0
測光モード 分割測光
ISO感度 200
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 2497x2000 (2,715KB)
撮影日時 2007-01-10 13:46:05 +0900

1   ケイ   07/01/10 21:41

誰よりも大和路を愛した入江泰吉(写真家)の「飛鳥八釣の里」(1979年撮影)はお気に入りの写真の一つです。
入江氏は、この飛鳥の隠れ里を「古代の香りが漂う日本のふるさと」とよびました。
写真は見慣れていますから、ここに入江氏が立ったであろうということが、すぐにわかり感激しました。
さらに、八釣の里の家々は今もほとんど変わっていませんでしたし、土塀越しに”素心蝋梅”まで咲いていました。

2   バリオUK!   07/01/10 23:36

この写真、最っ高です!
日本人の原風景。
たまりません。

もちろん、奈良で生まれ育ったバリオがそう思ってるだけで、
そういう但し書きをつけるべきところなんでしょうけど、言い切ってしまいたくなります。

例によって、レンズ情報もお願いします。

3   ケイ   07/01/11 07:13

>バリオさん、おはようございます。
入江氏が丘の上から、畝傍山と二上山、さらに八釣の里を撮影しました。
そのときの主になる家が、ここに掲載した家(もう一枚の写真も)です。
里の全貌を眺めることができる丘の上に立つことができました。

レンズは STF135mm F2.8[T4.5] です。
もう一枚の写真も同じレンズです。

4   りょうじ   07/01/11 20:29

こんばんわ〜、もう春の兆しですかぁ!

朽ち果てかけた土塀に歴史ある建物、そして素心蝋梅が見事にマッチ、まさにバリオさんのおっしゃる通り、日本の原風景ですね。

5   ケイ   07/01/12 14:46

>りょうじ さん、こんにちは。
この素心蝋梅の土塀に近づいたところ、隣の家の犬(田舎のことですから放し飼い!!)に
吠えられました。
もっと撮影したかったのですが、1枚だけという寂しい枚数になりました。
気に入った写真の場合、いろいろと試しながら何枚も何枚も撮影するのですが・・・・・・・・・

6   きょん史   07/01/16 20:46

こんばんわ。
うっとりして、コメントしようがなかったので今ごろ出てきました。(笑)
こんな写真撮ってみたい、撮れるようになりたいです。

欲を言えば・・・瓦屋根が茅葺きなら最強なんだろうけどなぁ・・・

7   バリオUK!   07/01/16 22:49

そういわれてみれば、奈良の古い町並みやお家なんかでも、茅葺き屋根ってあんまり見た記憶がないですね。
町家だからかな?
茅葺きは農家のイメージかも?

8   ケイ   07/01/17 14:03

>きょん史さん、バリオさん、こんにちは。
茅葺きの家は、奈良盆地から離れ、吉野などの山間地へ行けば数多くあるかもしれませんね。
でも、奈良盆地内でごく普通の町並みで茅葺きの家があるんです!
機会があればアップしたいと思います。

戻る