東京の里山から:ニワトコ
Exif情報
メーカー名 PENTAX Corporation
機種名 PENTAX K10D
ソフトウェア K10D Ver 1.30
レンズ SIGMA Lens
焦点距離 180mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/80sec.
絞り値 F3.5
露出補正値 +0.0
測光モード 中央重点測光
ISO感度 200
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 3872x2592 (2,048KB)
撮影日時 2009-05-31 13:41:28 +0900

1   masa   09/06/06 11:17

我が家裏の里山で色づいた"ニワトコ"の実です。
花ではありませんが、ご容赦。 

4月に咲いた黄色い粟粒のような花が、緑色の実を経て、もう真っ赤に!
森の小鳥たちのご馳走です。

2   凡打   09/06/06 15:45

赤い実のない今の時期 ひときわ目を惹きますね
クリーム色の小さな花はあっという間に散ってしまうんですね

3   Seichan   09/06/06 17:42

masaさん こんにちは。
「ニワトコ」も知りませんでした。この時期に早くも実
をつけるのですね。小さな赤い実が鈴なり状態になって
いる様は見事です。小鳥たちも大喜びでしょう(笑)。

4   Ekio   09/06/06 19:56

masaさん、こんばんは。
緑の中でひときわ鮮やかですね、masaさんの空間の置き方はいつも感心します。

5   gokuu   09/06/06 20:31

masaさん こんばんは〜〜
花があるから実もある。いいしゃぁ有りませんか。
こちらも始めて見る植物です。そこで調べました。
スイカズラ科の薬用植物でした。むくみ利尿剤の。
一見南天の実に見えます。バックのボケ綺麗ですネ(^^♪

6   masa   09/06/06 22:32

みなさま、ありがとうございます。

凡打さん
ニワトコのクリーム色の花、ご存知なんですね、嬉しいです。

gokuuさん
調べていただいて有り難うございます。
花の部分を用いた生薬名は、接骨木花(せつこつぼくか)というそうですね。
茎も根も薬効があるようですが、実は薬には使われないようです。

Seichanさん
一粒の大きさは2−3ミリ、遠くから見ると赤い房のように見えます。

Ekioさん
凡打さんも仰ってくださったように、この時期の森には赤い色がとっても貴重です。
でも、あと10日くらいで無くなってしまうでしょう。

戻る