接写「アジュガ」
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 Canon PowerShot SX50 HS
ソフトウェア Picasa
レンズ
焦点距離 17mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/159sec.
絞り値 F8.0
露出補正値 -1.0
測光モード 中央重点測光
ISO感度 160
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 2685x2965 (2,787KB)
撮影日時 2015-05-10 16:19:01 +0900

1   youzaki   15/05/12 01:00

masaさんの真似して匍匐して撮りました。
年とると匍匐すのも苦労します。
軽いコンデジで撮りましたが匍匐しないと上手く撮れません。
Eシステムでも撮りましたがこちらの方が寄れました。

2   stone   15/05/12 20:16

地植えだと真横から狙うの大変ですね。
坂の多い土地、堤防の近くなので匍匐しなくても撮れること多いのはラッキーなのですね。
腰の高さくらいの段差がたくさんありますので^^立ったまま屈んで撮れること、
といいますか、そういう所のばかり撮ってる気がする私です。

3   youzaki   15/05/12 22:23

stoneさんコメントありがとう御座います。
家の前の路肩に広がってる物を撮りました。
以前は園芸として植えてと思いますがいまは野草(雑草)扱いです。
なんとか真横からと腹ばいで撮りました。
腹ばいもとしで体が思うようにならず難儀でした。

4   masa   15/05/13 13:49

うわぁ、ど迫力のジュウニヒトエ(アジュガ)ですね!
全日本匍匐組合員として、すごく嬉しいお写真です。
中腰や前屈みにくらべれば腹這いの方が楽です。腹這う時、起き上がるときはたしかにヨッコラショですが、一旦腹這ってしまえば肘を立てて三脚代わりにして、じっくりゆっくり時間をかけて構図やピントを試すことができます。
体の位置をずらすときは相当難儀ですが、私は時々ゴロンと転がって移動します。

5   youzaki   15/05/13 14:15

masaさんコメントありがとう御座います。
このサイトでの匍匐元祖にアドバイス頂き感謝です。
以前鳥のウォッチ、撮影ではネットを纏い匍匐して数時間待つ事もありましたが今は駄目です。
中腰や前かがみは数秒しかできません腹ばいはその点は楽です。

戻る