マリリン・モンロー
Exif情報
メーカー名 SIGMA
機種名 SIGMA DP2 Merrill
ソフトウェア SIGMA Photo Pro 6.0.4
レンズ 30mm F2.8
焦点距離 30mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/1000sec.
絞り値 F5.6
露出補正値 +0.0
測光モード 分割測光
ISO感度 200
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 4704x3136 (2,823KB)
撮影日時 2015-05-27 10:43:39 +0900

1   一耕人   2015/05/27 14:40

のように見えてしまいました。

2   kusanagi   2015/05/27 20:53

おや、マリリン・モンローというバラの品種名かと思いました。(^^;
ところで、クールピックスP900がバカ売れしているみたいですね。
http://hinden563.exblog.jp/24516431/
不思議なのはキヤノンでして、なぜ広角側は21ミリからなんだろう?
28ミリで十分なのに。お陰で望遠側が短いし。
それからキヤノンはニコンと違い、RAW撮影が可能みたいですね。
その点はキヤノンが良いかも。

キヤノン板の写好さんのところでも書きましたが、やっぱ、写真は
撮影時に満足して楽しめるカメラでないと、写真趣味そのものが長続き
しませんね。それはつくづく思いますよ。
撮影した後で、パソコンの前で、こりゃあ良い画質だ、上手く撮れている
じゃんって思っても、それはなんかトンチンカンなような気がします。

写好さんやニコ爺さんなんか、ほんとに撮影が楽しくてたのしくてしかた
がないっていう感じですものね。(^^;
そういう風景写真家の人は、必ずメインカメラはファインダーの良い光学
一眼レフなんですし、それでファインダーを覗いて撮影を楽しめるし、
三脚に乗せて撮るだろうから、なおさらジックリと余裕を持って撮影できて
いるわけですしね。

光学ファインダーのないシグマDPとか、それからミラーレスカメラ。確かに
画質はいいしレンズとのマッチングもよいのだけど、撮影して楽しいとか、
そういうのはあまり感じられませんからね。
だから、そういうファインダーの劣るカメラをメインに使っていると、写真の
楽しさそのものがスポイルされて、やがては撮影すらも億劫になってくる
みたいです。

先日、風景写真家の方々の撮影をじっくりと観察する機会がありまして、
それで感じたのは、彼らは心底、撮影時に楽しみながら写真をやっている
という印象を深く持ちました。
それとこれはオマケですが、彼ら風景写真家の三脚の使い方は荒いです。
もうビックリしてしまいました。完全に道具と割り切っていてキズが着こうが
ガタがこようが関係ないみたい。(^^; こちらは三脚フェチなので、さすがに
それだけは真似できないなあって思いましたよ。(笑)

この三脚バイオレンス以外は、風景写真家の方々に実際に見て好感が
持てました。とにかく撮影を楽しんでいる人間には勝てないなって。
まあ、私もデジイチを捨てたというわけではありませんので、ニコンキヤノン
のデジイチを再び持ちだして、彼らのように撮影自体を楽しんで行きたいなあ
って思った次第です。

3   一耕人   2015/05/28 20:24

kusanagiさん こんばんは
>だから、そういうファインダーの劣るカメラをメインに使っていると、写真の楽しさそのものがスポイルされて、やがては撮影すらも億劫になってくるみたいです。

まさにその通りですね。ですのでシグマのカメラはどんどん手放していったわけです。
P900も何れは同じ運命をたどるかもしれませんね。ただし、換算2000mmの魅力には惹かれるものがありますね。

4     2015/05/31 10:26

この妖しさはどうだと、うーーーんこれは素晴らしい。
赤が本当に素晴らしい発色ですね。
才人一耕人さんの面目躍如ですね。



5   一耕人   2015/05/31 15:14

森さん こんにちは
珍しく当りがでた一枚ですね。
カメラに撮らせてもらった一枚と思っております。

戻る