逃げるハグロトンボ
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 Canon EOS Kiss X4
ソフトウェア Photoshop Elements 9.0 Windows
レンズ
焦点距離 146mm
露出制御モード マニュアル
シャッタースピード 1/1000sec.
絞り値 F5.6
露出補正値 +0.0
測光モード スポット測光
ISO感度 400
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 2048x1365 (836KB)
撮影日時 2015-09-20 08:16:40 +0900

1   stone   2015/09/24 12:37

しばしカメラと睨めっこしてくれたハグロトンボです。
逃げたというよりあっちへ行きたかっただけのよう~でした。^^

2   zzr   2015/09/24 21:51

こんばんは。
ハグロトンボの飛び方はひらひらふわふわ。
他の トンボに比べると優雅に見えますね。

3   kusanagi   2015/09/24 22:45

こちら、昆虫に関しては全く知識がなく、なんともコメントもできない有様なんですが、
この写真、シッポの先だけピントがあっていて、なんともユーモラスでいいですね。

動きのある被写体を高性能カメラで無理やり止めて写真とするのはよくあることですが、
この写真の様に、写真の中に本当の意味での動きを表現するっていうのは、かなり高度
なことなんですね。
とても上手い写真だと言えます。

4   stone   2015/09/24 23:36

こんばんは
ハグロトンボの高速モードはとてもじゃないけれどカメラがおっつきません。
でも、ゆっくり飛ぶことも多いのでじっと待ちます。
5分くらいの間に何度も息抜きしますけど(笑)

zzrさん、このトンボってホバリングをしないのですね
空中でゆらゆらパタパタと止まる場所を探す風情です。前向きに飛んでほしかったですーー。

kusanagiさん、私の場合ピントリングを弄る(AF使わないのです)より体で位置合わせするのが多いのですね^^
あっちへ飛んだら身を乗り出す感じ。こっちへ来ると引いて構えます。
反射で動くので頭はいつも空っぽ!がいい感じ。
オート任せでは、ちゃんと撮れない機種なのでとてもスポーティです。

5   zzr   2015/09/25 06:29

おはようございます。
ハグロトンボのホバリングは、そういえば見た事ないです。
高速モードもないんですけど。。
オニヤンマがすごい勢いて飛ぶのは時々見ますがあんな感じでしょうか。
上の赤トンボの場所にオニヤンマと似てるのがいて、これは珍しいヤツだって教えてもらったのですが忘れてしまいました ^_^;

体でのピント合わせは私も使います。
マクロでの撮影の時に多いのですが構図を決めてオートフォーカスで一枚。
そのままピントを固定し前後に体を動かして数枚づつ撮ります。
絞りを変えて上の手順でもう一度。
構図を変えた時はまた最初のオートフォーカスのところから繰り返しで撮ります。

戻る