晩春の屏風
Exif情報
メーカー名 OLYMPUS IMAGING CORP.
機種名 E-M1
ソフトウェア OLYMPUS Viewer 3 2.0.1W
レンズ
焦点距離 15mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/5000sec.
絞り値 F3.2
露出補正値 -0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 200
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 3200x2400 (1,798KB)
撮影日時 2016-04-16 11:13:30 +0900

1   Ekio   2016/04/17 09:52

埼玉の秩父では「芝桜の丘」が見頃を迎えていますが、ひとまず見納めの桜をアップします。
桜の後ろに見えるのは、秩父のシンボルである武甲山です。
◎OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 12-40mm F2.8 PRO

2   MacもG3   2016/04/17 13:05

日本2百名山の武甲山。
山肌が異様な感じになっているのは石灰岩の採掘跡なんですね。
山頂近くまで採掘してるんだ。

3   Booth-K   2016/04/17 14:28

まだこちらは、桜の花が残っているんですね。タンポポの黄色も、桜には合う感じです。秩父のシンボル=武甲山=秩父セメントってイメージです。

4   ペン太   2016/04/17 19:15

背景の山(武甲山)削り取られて
正に屏風の様に聳え立っていますね。
 セメントの原資の為ですか・・・
資源の乏しい日本だから まあしょうがないですね。

 こちらでは桜はもう見られないので、今が見頃の桜
桜前線の北上を実感しますね。


5   Ekio   2016/04/19 00:10

MacもG3さん、Booth-Kさん、ペン太さん、ありがとうございます。
秩父はいくらか気温が低いとは言え、終わりに近い桜が多くて、このあたりの桜は「出遅れ」感のある風景でした(^_^;)

戻る