山頂の蜂
Exif情報
メーカー名 SIGMA
機種名 SIGMA DP2 Merrill
ソフトウェア Photoshop Lightroom 3.6 (Macintosh)
レンズ
焦点距離 30mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/200sec.
絞り値 F5.6
露出補正値 +0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 100
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 4704x3136 (5,988KB)
撮影日時 2016-06-11 10:21:31 +0900

1   MacもG3   2016/06/22 07:48

蜂の種類はわかりません。
山頂直下のハイマツにたくさんいました、。
背後は赤岳、阿弥陀岳です。

2   ペン太   2016/06/22 19:42

はてさて。。

 私も蜂の名前は分かりませんが、
SIGMA DP2 Merrill  30mmでの撮影、
そうとう寄ってのショットかと。。
 蜂が睨んでいるようにも^^;

良く北岳を背景に持ってくる余裕がありましたね~。。。凄いです!

3   エゾメバル   2016/06/22 20:09

この背景を写し込むとなると、この大きさでセミを撮るのは大変だったのではないですか?
よく逃げられずに撮れましたね。

4   masa   2016/06/22 21:15

触覚の先が見事な棍棒状であることから、コンボウハバチ科の蜂であることは分かりますが、種までは特定できません。
それにしても、標高3000メートル近い高山でこういうハチさんがハイマツの花に集まっていて、それを撮って下さる方がいるなんて、嬉しくなってしまいます。
いいものを見せていただきました。

5   Booth-K   2016/06/22 23:52

拡大したら、思わず目があってしまいました。(笑) 流石フォベオン、凄いリアリティです。
ハエマツも、高山らしさを醸し出していますね。

6   MacもG3   2016/06/23 21:44

コメントありがとうございます。
もう少し寄りたかったところですが、これが最短です。
この蜂は刺すような感じがしなかったので寄ってみました。

7   CAPA   2016/06/23 21:57

蜂がハイマツの頂にいましたね。
背後に山があって、高山帯で悠々と棲んでいる雰囲気があります。
蜂の顔は、目が大きく精悍で、またかわいい感じがします。

8   masa   2016/06/24 22:26

コンボウハバチ科の中のどれだろう? ずっと気になっていましたが、一番似ているのは"カンバヒラクチハバチ"のようです。
http://www.raipon.jp/hachi/?p=44

戻る