馬射戲(マサヒ)Ekio Ver.3 パッカーン!
Exif情報
メーカー名 OLYMPUS IMAGING CORP.
機種名 E-M1
ソフトウェア OLYMPUS Viewer 3 2.1W
レンズ
焦点距離 43mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/1250sec.
絞り値 F3.5
露出補正値 +0.0
測光モード 分割測光
ISO感度 200
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 3200x2133 (2,458KB)
撮影日時 2016-11-27 11:26:39 +0900

1   Ekio   16/11/30 05:57

連写で捉えたのですが、馬によって走る速さが随分と違ったり、騎手によって姿勢や矢を放つタイミングが違うので結構苦労しました。
せっかくタイミングがあったけど、そもそも的に当たらなかったことも(^^ゞ
この写真では、矢はすでに画面の右外に抜けています。
◎Panasonic LEICA DG NOCTICRON 42.5mm/F1.2 ASPH.

2   masa   16/11/30 07:51

おおっ、正方形の的が見事に割れて飛び散っていますね。
疾走する馬上の女性騎手との構図配置が絶妙、まるで動画のようです。

3   エゾメバル   16/11/30 18:06

見事に的が割れ飛んでいますね。
矢こそ見えませんが飛び散った的の様子しっかりと抑えましたね

4   Booth-K   16/11/30 20:13

本当に、パッカーン、音が聞こえそう。連射でも、この一瞬を捉えるのは難しそうです。

5   ペン太   16/11/30 20:48

流鏑馬でも思った事ですが、
 走る馬上からバランスを保ってよくぞ的を射抜く物だと
感心させられます。
 パッカ~ンの瞬間 これは連写では無いと無理だと思いますが
きっちり瞬間を切り取られていますね。

6   Ekio   16/11/30 23:15

皆さん、コメントありがとうございます。
ペン太さんも仰っていますが、揺れる馬上から小さな的を射るのは恐ろしく難しい事のように思えます。
競技に使われた馬は近くの牧場からの馬で、初めての組み合わせの時には癖を飲み込む時間も少ないので苦労していたようです。

戻る