アントノフ離陸
Exif情報
メーカー名 OLYMPUS CORPORATION
機種名 E-M1MarkII
ソフトウェア SILKYPIX Developer Studio Pro 8
レンズ EF to M43 300-300mm F2.8-2.8
焦点距離 300mm
露出制御モード シャッター速度優先
シャッタースピード 1/1250sec.
絞り値 F2.8
露出補正値 +0.7
測光モード 分割測光
ISO感度 64
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 3000x2250 (3,474KB)
撮影日時 2017-05-29 18:02:26 +0900

1   GG   17/05/31 23:30

本日の大きなフライトは世界最大の貨物輸送機(ロシア製)でした
自分も調べていったわけではなく、夕方になると駐機してあった
アントノフが一際大きなエンジン音で、離れようとしていたので
これは離陸のシーンが撮れるかもとワクワクでしたから。
中部へは給油のため立ち寄った公算が強いです。

中部地区には米国で生産している747の部品を大手の会社が
製造していますが、その積込みのために米国から大型の
ドリームリフターB747 LCFがやってきます。
↓は、そのタイミングを3年前に撮ることが出来ました。
https://photoxp.jp/pictures/141444

2   taketyh1040   17/05/31 23:42

こんばんは。
この巨体、このタイヤの数、いかに大きいか想像が付きますよ。
見てみたいですね〜。
これに出会えたのはラッキーでしたね〜。

3   GEM   17/06/01 21:29

こんばんは。
いずれの飛行機もその大きさに圧倒されます。
着陸の時のタイヤからのスモークの様子見てみたいですね。
 
巨体であってもこのスタイルはとてもユーモラスで、ロシアで
開発されたいうイメージからは程遠いですね、

4   GG   17/06/01 23:22

taketyh1040さん、GEMさん、こんばんは。
中部空港の週初めは、何かあるものでも まさかこんなシーンが
撮れるとは想定外、ラッキーそのものでしたね~
ウイキの方にいろいろ記載されてますが、自分の好きな映画007にも
登場するくらい、実に絵になる輸送機ですね。

戻る