微笑み
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 Canon EOS 5DS R
ソフトウェア SILKYPIX Developer Studio Pro 8
レンズ EF35mm f/1.4L II USM
焦点距離 35mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/166sec.
絞り値 F2.3
露出補正値 -0.7
測光モード 部分測光
ISO感度 200
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 2667x4000 (6,976KB)
撮影日時 2017-09-16 11:43:21 +0900

1   GG   17/09/24 17:08

旅順には貴重な文化遺産もありますね。こちら博物館内のもの
入館にはチケットの他パスポートが必要ですが、撮影は自由でした。
中国古代仏像、博物館入り口付近にあったのでかなり貴重な仏像
と思われます。館内には日本の大谷探検隊(西本願寺門主)が100年程前にシルクロード地域を
探検して発見した数々の発掘品、その一部を大連とこちらの博物館に寄贈されたそうです。
トルファンで発掘したミイラは2階にあるそうですが、整備中で見学できず。
奈良・京都の仏像もよく見ますが、年を重ねていくと表情に安堵したり
また勇気付られたりと様々ですが、しばらく向き合っていると安堵感が漂いました。

2   taketyh1040   17/09/24 19:11

こんばんは。
照明が自然で素敵ですね〜。
やはり、石の文化なのがシルクロードを感じさせますね。
何と言っても、このレンズとカメラの力が発揮された描写の素晴らしさでしょうね。
魅入っていますよ。

3   GEM   17/09/24 21:31

こんばんは。
さすが中国 地方都市にも見応えのある美術品が展示されていますね。
何よりも撮影自由、ゆっくりと見て回れるのがありがたいですよね。
正倉院展にもよく出かけていますが、話題の展示物の前には大勢の人だかり、
凡そ美術鑑賞とは程遠いのが現状です。

4   GG   17/09/25 21:40

taketyh1040さん、GEMさん、こんばんは。
そうですよね、シルクロードの敦煌ツアーも
行きたかった一つですが、頭部には金粉も残り
眩いばかりの仏像であったに違いありません
ホントにカメラ向けて良いのか、係員に注意されるのでは
との心配をよそに、ある意味至福の見学時間帯でしたよ。

戻る