庄原夏祭り花火大会
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 Canon EOS 70D
ソフトウェア Digital Photo Professional
レンズ 14-20mm
焦点距離 14mm
露出制御モード 不明(9)
シャッタースピード Infsec.
絞り値 F9.9
露出補正値 +0.0
測光モード 分割測光
ISO感度 100
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 2200x3301 (3,622KB)
撮影日時 2018-08-27 05:09:57 +0900

1   S9000   18/08/28 07:26

 8月26日夜に行われた庄原夏祭り花火大会。
 池への映りこみが特徴的な花火ですが、打ち上げ場所までの距離が
近く、水面上の鏡像もすべて写すのは困難でした。
 花火大会の構成は、19幕にわけて、音楽にあわせて打ち上げる
しゃれたもので、幕間に撮影結果を確認できるし、煙も流れて消え
るので、好都合でした。3000発と中規模ですが、打ち上げ場所は
水中花火含めて4か所、ナイアガラの滝もある、とてもゴージャス
なものでした。

2   F.344   18/08/29 13:15

地方の花火は間隔もありモニターで確認
修正など設定には好都合ですね
池の映り込みは波も無くてより綺麗に見えることでしょう
 3年前に諏訪湖の花火に行きましたが
帰りの道路状況でクタクタになりました
最近はもっぱらBSの花火中継で楽しんでいます

3   S9000   18/08/30 08:07

F.344さん、おはようございます。コメントありがとうございます。
幕間での花火スポンサー紹介アナウンスで、観客が「お父さんの会社だ!」などと喜んでいるのが微笑ましいものでした。これがアナウンス
の届かない距離だと、撮影のタイミングがとれなくていらいらしたり
するかもしれませんが・・・
 道路渋滞、私も今年は瀬戸田花火で帰りにつかまりました。この
庄原花火では、ほんの数十秒?ほどの渋滞のみで、それがまた
かわいいものでした。

4   Kaz   18/08/30 15:12

数万発を30分で続けざまに上げられるよりは、ゆったりした
そんなペースが余韻を感じて良いかもですね。

データ貼り付けは以前はフリーのIrfanView を使っていましたが
ある時からできなくなったので、今は有料ソフトのAffinity Photo を
使ってます。IrfanView がバージョンアップでまた使えるかどうか
試してご報告いたします。

5   S9000   18/09/01 08:07

 そうですね、数万発を短時間でずんどこどこどこ打ち上げる花火
と言えば、PL花火が思い浮かびますが、途中で煙花火になってしま
ったりします。
 この庄原花火で、私、思わず「PLよりすごい!」と口走ったのです
が、音楽とあわせた演出や湖面への映りこみに感動したのが大きい
ですね。

 地元の観客さんが「ナイアガラ花火の魅力というのがよーわからん」と仰せでした。最近は色付きのものがあるようですが、私は
けっこう楽しみです。撮影するのはなかなか難しいですね、すぐ
白飛びしてしまう。

 データ貼りつけソフト、情報ありがとうございます。やってみます。

戻る