【白黒写真】銀閣寺
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 Canon EOS 6D
ソフトウェア DxO OpticsPro 11.4.2
レンズ EF24-105mm f/4L IS USM
焦点距離 24mm
露出制御モード シャッター速度優先
シャッタースピード 1/197sec.
絞り値 F4.6
露出補正値 +0.0
測光モード 分割測光
ISO感度 100
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 2048x1365 (1,139KB)
撮影日時 2014-09-02 22:34:05 +0900

1   Kaz   19/02/23 18:05

この位置、この角度からいままでにどれだけの観光客が
同じような写真を撮ったことでしょうね。(^^;

2   読者   19/02/23 23:50

これは素晴らしいですね。良いカメラ(フルサイズで、しかも画質の劣る6Dマーク2ではない)、
そして良いレンズ(シャープですし、発色もよいレンズ)。そしてじっくりとソフトを練れば、こういう
階調豊かな、中間色を多用した写真ができるんですね。
確か銀塩時代は印画紙に軟調と硬調の区別があったように思います。黒を締めたいとすれば、
もしくは粒子を際立たせたいと思えば、硬調の月光なんかの印画紙を使うのですが、中間調の
豊かさと解像力を出そうと思えば軟調のフジの印画紙を使ったような気がします。
Kazさんは当然、コダックのフィルムにコダックの現像液や印画紙を使われたのでしょう。

アップロードしたピクセル数とデータ容量で、これがもしカラー写真の投稿だとすると、絶対に
この写真の持つ豊かな階調と解像感はでません。そういうところが黒白写真の凄さ、醍醐味なん
でしょうね。
Kazさんの本格黒白写真、もっとカズ多くみたいですね。それにしても銀閣寺に黒白写真は良く
似合います。

3   Kaz   19/02/26 15:27

読者さん、
実家が表具屋だったので親父のところに広告代理店が
写真をパネルに貼る仕事を持ち込んでたのですが、その時の
写真の印画紙がたしか月光で、そのせいか、自分が使った
印画紙も月光になってしまってました。
軟硬、関係無しなのです。(笑)
使ってたフィルムはコダックのトライXでした。

戻る