Tamron 90mm  Macro
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 Canon EOS R
ソフトウェア SILKYPIX Developer Studio Pro 9
レンズ
焦点距離 90mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/197sec.
絞り値 F5.7
露出補正値 +0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 200
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 2000x3000 (2,147KB)
撮影日時 2019-03-11 22:00:29 +0900

1   GG   19/03/11 18:36

ショウジョバカマ、今年は確かに早いです

2   taketyh1040   19/03/11 20:39

雨上がりに、早速、獲物を仕留められたようですね。
十分に絞り込んで精細な描写も見事です。
バリアングルモニターが活躍されたのでしょうか。

3   GG   19/03/11 22:57

taketyh1040さん、こんばんは。
まさか咲き始めていたとは知らず
少々オドロキました。こちらは雫狙いもあり
普通の撮り方でした。バリアングルは
角度により一瞬ブラックになる謎が解けません

4   GEM   19/03/11 23:23

こんばんは。
まだ見た事もない花ですが、雨粒のきらびやかさがよく似合っていますね。
綺麗な色合いのショウジョバカマ しっとりさも持ち合わせている様にも思いましたが。

5   GG   19/03/12 00:17

GEMさん、こんばんは。
ショウジョバカマは毎年のように投稿していますが
降雨後、満遍雫付きタイミングが良かったです
どこにでも咲く平凡な春の山野草ですが
この紫がかった色目がカタクリの花へと導かれるので
いよいよ花撮りの季節到来ですね


6   taketyh1040   19/03/12 00:33

GGさん 再度です。
バリアングルのブラックアウト、多分、自動的に接眼すると
ファインダーと切り替えになるのが反応して
指やなにかがファインダーに掛かって、モニターから切り替わるのではないでしょうか。
私も、度々、経験して「もしかしたら?」と気をつけるようにしたら解決しました。
多分、メニューで「自動切り替え」OFFもあったような気がします。

7   GG   19/03/12 16:40

taketyh1040さん、夜分遅くに有難うございます。
オリの設定でもそんな現象が見られ結局EVF自動切換えON.OFFから
アイセンサー有効、無効の切替で一件落着だったのですが
このボディでも同様な現象が見られ、その辺の細かい設定は
無いようですね。もう少し現象を細かく見たいと思います

戻る