アオバト
Exif情報
メーカー名 NIKON CORPORATION
機種名 NIKON D5200
ソフトウェア Photoshop Elements 8.0 Windows
レンズ
焦点距離 300mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/1250sec.
絞り値 F5.6
露出補正値 -0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 500
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 2200x1467 (490KB)
撮影日時 2015-07-24 16:29:52 +0900

1   鎌倉M   19/11/30 14:50

夏に海水を飲みに海へやってきます。
目的は、塩分の補給だそうです。場所は大磯の照ヶ崎です。
レンズ TAMRON 70-300mm(A005)

2   kusanagi   19/11/30 20:10

ウィキペディアから抜粋
>森林に生息しているが夏から秋にかけて海岸に現れることもある。その理由は塩分やミネラル補給
のためと考えられている。小樽市や神奈川県大磯町の海岸などでは、アオバトが連日、群れで遠路
飛来し、海水を飲む行動が頻繁に観察されている。この行動を行う場所はほぼ固定されている。
その際、尾羽から下半身にかけてを意図的に海水に漬ける「尾浸け」という行動を行うことが知られて
いるが、なぜそうするのかは明らかになっていない。海水を飲む際には高波に呑まれたりハヤブサに
襲われて命を落とす個体もいるという。なお、当然ながら海のない地域(栃木県など)の集団は、海水
を摂取する行動はとらない。

こちら香川でも・・
https://www.pref.kagawa.lg.jp/kankyo/shizen/wild-bird/bird/yama/170.htm
同じような海水飲み場所があるようですね。森林地帯に住む鳥なのでこちらではあまり見かけることは
ないですが一度は見てみたいものです。

3   鎌倉M   19/12/01 13:42

こんにちは。羽の一部が赤味がかっているのが雄で、そうでないのが雌のようです。
大磯で見られるアオバトは、20-30km離れた
丹沢山地から飛んで来るようです。

戻る