サンプル
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 Canon EOS 7D
ソフトウェア Capture One 7 Windows
レンズ
焦点距離 10.0mm
露出制御モード ノーマルプログラム
シャッタースピード 1/332sec.
絞り値 F11
露出補正値 +0.0
測光モード 分割測光
ISO感度 100
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 5184x3456 (2,405KB)
撮影日時 2019-12-01 22:52:17 +0900

1   投稿kusanagi   19/12/03 21:20

ノイズリダクションを使った新しい表現方法は面白い、ということで試しにやってみました。
適当な画像がなかなか無いのですが(昼間しか写真を撮らないので)、とりあえずこんなところで。
あくまでも試行錯誤途中の画像です。最初は何時も使っているソフトではダメではないのかな?と
思っていたんですがそんなことはなかったようですね。
ノイズリダクションは光の弱い部分によく掛かります。つまり暗い部分ですね。右の山の陰とか
左の突鼻の草陰。それで光が十分に差しているところであまり効果はありません。下の草々とか
遠方の山並などはそう。それからシルエットの境界線も。
ノイズリダクションは、ちょうどボケ表現と同じようにして、画面の情報量を恣意的に制御すること
ができ、表現方法の多様化を生みますね。これから私も積極的に使っていきたいと考えています。

戻る