【縦画像】ん?
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 Canon EOS 7D Mark II
ソフトウェア DxO OpticsPro 10.5.4
レンズ 17-50mm
焦点距離 17mm
露出制御モード シャッター速度優先
シャッタースピード 1/332sec.
絞り値 F14
露出補正値 -0.7
測光モード 分割測光
ISO感度 100
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 1200x1799 (799KB)
撮影日時 2016-04-17 11:09:25 +0900

1   Kaz   2016/04/23 00:04

今月のお題の掟に背いてしまったかにゃ。(^^;
撮影地はカナダ側のナイアガラの街です。

2   youzaki   2016/04/23 00:25

今晩は
面白い写真ですね・・
楽しめる画像が拝見でき感謝ですー
素晴らしアィデアの画像に拍手させて頂きます。

3   鼻水太朗   2016/04/23 10:10

イケメン?🎵

4   S9000   2016/04/23 20:39

おもしろい!
キングコングは1976年版が好きです。当時中学生
だったので、スケベ・シーンにドキドキしましたが。

5   Ekio   2016/04/23 23:44

Kazさん、こんばんは。
車が停まっていたので事情を近い出来ましたが、アイデア賞もののお写真です。

6   stone   2016/04/23 23:45

コングって印象深いです。
女の子に恋するおっきなコング、とても素敵でした。
アメコミのアニメが大昔放映されていましたね。キングコングもその中に。
あの歌が好き。確か「地震も津波も台風もキーングコングにゃ敵わない♪」だったっけ
アニメでは恋しなかったよう?!

7   rrb   2016/04/25 17:34

これっ、面白い!
この発想はなかったなぁ…ステキです。
可愛いキングコングですね。

8   スカイハイ   2016/04/25 21:33

自分一人が正しくて他が全員間違ってるという感じですね。
あるいは天動説みたいなものか。
でも地動説を最初に唱えた人たちは、長年自分だけが正しく他がみんな間違っているといういわば天動説的状況だったなんて、逆説的で面白い気がしました。

9   Kaz   2016/04/26 04:11

youzaki さん、
写真は自分も楽しんで他の人にも楽しんでいただくのが
私の喜びでもあります。ありがとうございます。

鼻水太朗さん、
コングが?
それとも右上のお兄さんが鼻水さんのお好みの男性?(^^)

S9000 さん、
ジェシカ・ラングが出てたやつかな。
あれにそんなスケベ・シーンあったっけ。
パクリ映画のクイーン・コングじゃない?
https://www.youtube.com/watch?v=R3UzzbCqHf0

Ekio さん、
車をフォトショップで消しとくべきだったか。(^^;

stone さん、
キヤノン板に元画像を投稿したら、花鳥風月さんに
アニメ動画のリンクを張って頂きました。
http://photoxp.jp/pictures/163553
リンク先にはアニメソング動画沼が待ち受けてるので
危険ですよ。(笑)

rrb さん、
この建物を見た瞬間に【縦画像】で出そうと心に誓い
パチリと一枚、いや二枚、三枚だったかな。(^^;
お題が縦撮りではなく縦画像なのでこれもありかと。

スカイハイさん、
人間だって地球の重力によって地面に張り付いてるだけ、
見方によっては壁に張り付いた蠅と同じなので
実はこの見方が正しいのかもしれない。(ホントかよ)

そういえば、先日、話題に上っていた Chyna さんが
亡くなられましたね。
合掌

10   S9000   2016/04/26 23:31

ジェシカ・ラングさんの1976年キング・コング、
実は、コングがふざけて指でラングさんの衣装を
ひょいと下げてしまうシーンがあり、厨房ながら
どっきりしたものです。
 テレビのロードショー番組で放映されたときも
そのシーンがカットされてませんでして、腰を抜かし
ました。
 1976年版はどうも評価が低いようですし、ラング
さんもしばらくは「特撮女優」扱いのようでしたが、
後に数々の賞をとるなど大女優へとのし上がって
いったようです。日本でも、特撮から入って大女優に
なった人って、志保美悦子さんや北川景子さんが有名
です。北川さんは特撮時代の共演者と今でも仲良く、
定期的に集まっていることで有名。

11   Kaz   2016/04/27 15:51

S9000 さん、
そう言われてみればそんなシーンもあったような。
しかし、そのくらいでドッキリしていた少年時代も
あったのですか。
私の厨房時代とは大違いだ。(^^;

戻る