喜雨Ⅲ
Exif情報
メーカー名 PENTAX
機種名 PENTAX K-5 II s
ソフトウェア Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)
レンズ smc PENTAX-D FA MACRO 100mm F2.8 WR
焦点距離 100mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/100sec.
絞り値 F2.8
露出補正値 -0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 100
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 3000x1987 (1,594KB)
撮影日時 2016-06-09 11:13:13 +0900

1   ペン太   2016/06/18 22:08

このレンズ、中望遠的に使う事が多く
本来のマクロ撮影に殆ど使っていませんでしたが
 雨の季節 防滴も頼もしく、出番が増えています。

雨の中の紫陽花、思いっきり寄ってみました。

 16日も雨の中、紫陽花の撮影が出来たので
”雨に喜ぶ”シリーズまだ続きます。。。^^

2   Booth-K   2016/06/18 23:28

う~ん、良いですね、この柔らかな描写。この浅いピントで多点フォーカスは、撮りながら窒息しそうになるのが目に浮かびます。絶妙な配置も素晴らしい!

3   Ekio   2016/06/19 11:06

ペン太さん、こんにちは。
梅雨の時期はうっとおしい日が続きますが、透明感溢れる雨粒のアップと包むようなボケ、重苦しい雰囲気を飛ばしてくれるような素敵な表現です。

4   ペン太   2016/06/19 18:22

Booth-Kさん
Ekioさん

    こんばんは。

ここは岡崎市奥殿陣屋と言う史跡(GGさんのフィールドです)ですが
バラ園や季節の花は豊富で 雨の日を狙って訪れました。

 傘を差しながら、どう撮ろうか試行錯誤した結果のショットです。
Booth-Kさん 仰せの様にピント合わせにはめちゃ苦労しました。

5   MacもG3   2016/06/19 21:22

うす〜いピンこそマクロ写真の極意ですな。紫の炎か?
しっとりしたマクロ写真を撮りたいと思えば空梅雨の様相。
自分の都合通りにはいかないものです。

6   CAPA   2016/06/19 22:03

絞り開放のマクロレンズによる、雨滴の付いた花弁、そして前後のボケ、すばらしい構成・描写です。
傘を差しながらの撮影で、相当な丹念さ、集中力を感じられる作品です。
こうして撮影が成功すると、後でうれしくなりますね。

7   ペン太   2016/06/19 22:18

MacもG3 さん
CAPAさん

     コメントありがとうございます。

 マクロの切り取り、有る意味どうゆう風にでも構図を決めれるので
かえって難しさを実感しました。

 >紫の炎か?
うちの嫁さんも このショット見てそんな事言っていました^^

戻る