山でのお楽しみ
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 Canon EOS 5D Mark II
ソフトウェア Photoshop Elements 11.0 Macintosh
レンズ EF70-200mm f/2.8L USM
焦点距離 200mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/2000sec.
絞り値 F5.6
露出補正値 -1.3
測光モード 分割測光
ISO感度 250
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 2667x4000 (5,133KB)
撮影日時 2016-06-11 09:41:09 +0900

1   MacもG3   2016/06/19 21:32

平地と違って高地にいる野鳥はあまり人を恐れません。
200mmでもそこそこ撮れます。
これも硫黄岳山頂付近で撮ったのですが、イワヒバリが赤岳バックのケルンに止まるのを待ってました。


2   ペン太   2016/06/19 22:28

その名のとおり 岩場で凛とした姿で存在感を示しています。

 南アルプス最高峰、日本二番目に高い北岳をバックに
しかも岩場に来るまで待ってのショット 根性と経験 それに持っている運を見方に付けてのショットですね~!


3   Booth-K   2016/06/19 23:03

これを狙って撮るというのは、熟知していないと出来ませんね。見事な構成です。それにしても、フルサイズに、広角ズームとこのレンズは重量がズシッときそうですね。流石です。

4   masa   2016/06/20 08:15

赤岳をバックにケルンの上で・・・よくまあここでポーズをとってくれたこと。イワヒバリくんにMacもG3さんの気持ちが伝わったんですね。
Good shot !

5   ポゥ   2016/06/20 21:23

フルサイズ200ミリでこの大きさとは、結構近くまで来てくれたものですね~
以前、ライチョウの作品でも感じましたが、素晴らしい「待ち」の技術。
手当たり次第に被写体を探して右往左往してしまう私には
見習わなければならないところだと思います。
背景の赤岳の、シルエットをボカしつつ岩肌の凹凸は表現してあるという
絞り加減が素晴らしいです。

6   Ekio   2016/06/20 22:20

MacもG3さん、こんばんは。
>平地と違って高地にいる野鳥はあまり人を恐れません。
なおさら、大事にしないといけない訳ですね。
なかなかポーズが決まっているように見えますが様子見何ですかね?

7   MacもG3   2016/06/21 06:37

コメントありがとうございます。
今はペアリングの時期でメスが盛んにオスを誘っていました。
高知では天敵も少ないので大胆に見えるのでしょうかね?

戻る