富士見高原2
Exif情報
メーカー名 OLYMPUS CORPORATION
機種名 E-M1MarkII
ソフトウェア OLYMPUS Viewer 3 2.3W
レンズ
焦点距離 12mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/640sec.
絞り値 F5.6
露出補正値 +0.0
測光モード 分割測光
ISO感度 200
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 2400x3200 (2,861KB)
撮影日時 2018-08-04 22:33:24 +0900

1   Ekio   2018/8/6 21:54

今回のバスツアーは「富士見高原(お花畑と展望と昼食)」「八ヶ岳の高原野菜」「蓼科のチーズケーキ工房」という組み合わせです。
時間を切られちゃうのを我慢すればまずまずの内容でした。
◎Pana-LEICA DG SUMMILUX 12mm/F1.4 ASPH.

2   ポゥ   2018/8/6 22:19

雲の立ち上がり方が縦構図に映えてますね~
で、その絵画的な階調表現がまた、琴線に触れてきます。
暑い暑いと嘆かれるばかりの今年の夏ですけど、こういう空を見ると
夏とは暑くてなんぼ、と、年甲斐もなく強がりたくなります。
しっかり絞ってのパンフォーカスも、近頃の自分的にかなり好みです。

3   ペン太    2018/8/6 22:27

やはりこれは縦構図ですね~。
 3/4を占めるお花畑と
 空の割合がベストだと思います。
お花畑が斜面に・・・と言うところも高原らしさを醸し出していますね。

気温はともかく、爽やかな高原の空気感が感じられるお写真です。
 

4   MacもG3   2018/8/6 22:59

バスツアーは自分も何度か行きましたが。
渋滞や客の質で左右される部分が多いですね。
時間はある程度仕方がないにしても花の時期がピッタリで良かったですね。

5   Booth-K   2018/8/6 23:42

ここはゆりの時期に何度も行きましたが、時々外して百日草の時も多々。この日差しだと暑かったんじゃないですか?
花にトンボが止まっているイメージがあります。

6   Ekio   2018/8/7 18:29

ポゥさん、ペン太さん、ありがとうございます。
花の綺麗なところも大事ですが、やっぱり夏雲らしい部分も入れなくちゃ、と言う構図です。

MacもG3さん、Booth-Kさん、ありがとうございます。
中央道、渋滞に引っかかったところもあって往復で結構なロスもありました。
白樺のエリアとかニッコウキスゲとか見足りなかったところもあるので電車で目一杯時間を取るのもありかも。

戻る