そろそろ撤収!
Exif情報
メーカー名 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
機種名 PENTAX K-1 Mark II
ソフトウェア Photoshop Lightroom 6.14 (Windows)
レンズ Tamron SP AF 70-200mm F2.8 Di LD [IF] Macro
焦点距離 200mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/2500sec.
絞り値 F3.2
露出補正値 -0.7
測光モード 分割測光
ISO感度 200
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 3882x2581 (2,416KB)
撮影日時 2019-02-03 00:18:57 +0900

1   Booth-K   19/02/16 00:43

南房総最後の投稿です。結構波を被っていて、「こりゃたまらん」といった感じでした。
房総半島最南端、野島崎灯台のすぐ近くです。
(若干、トリミングあり)

2   Ekio   19/02/16 18:31

Booth-Kさん、こんばんは。
下田の爪木崎でもこのような場所で釣りをされている方を見かけました。
写真を撮るときに撮り甲斐がある場所があるように、釣りをされる方にも釣り甲斐のある場所なのでしょうね。

3   ペン太    19/02/16 19:58

撮影者には 願っても無い被写体ですが
 足を滑らせたり 大波が来たら、海に浚われてしまいそう・・・・
波ザバーーンは私も大好きな被写体ですが^^;

大袈裟ですが、これも体を張っての魚との勝負の景色ですね。

上部に、僅かに空が入って、海の広さをも実感出来るお写真です。

4   CAPA   19/02/16 22:28

釣り人にとっては荒波が打ち寄せるたいへんな釣り場でしょうね。
本人はそれもやりがいのうちかな。
帽子、スーツの着こなしなどから手慣れた感じがします。
機材も色合いがきれいでまとまっているというか、かわいい感じもしますね。
このような光景は、JR東日本が展開している房総びゅうの旅(コトたび)
の春を先取りするのどかなイメージとはまったく異なりますね。

5   Booth-K   19/02/17 14:13

コメントありがとうございます。
よくもまあ根気よくと、趣味の世界は傍から見たらそういうものかもしれませんね。写真然り・・。
見ている分には気持ち良い波でした。

戻る