夕景 南淡路
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 Canon EOS-1Ds Mark III
ソフトウェア Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)
レンズ EF24-105mm f/4L IS USM
焦点距離 47mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/500sec.
絞り値 F10.0
露出補正値 -1.0
測光モード 分割測光
ISO感度 100
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 3684x3684 (2,730KB)
撮影日時 2019-06-07 03:16:53 +0900

1   裏街道   19/06/08 21:47

明日はお休みですのでのんびりです。

2   kusanagi   19/06/08 23:52

裏街道さんの、滅多にないだろうと思われる休日、どうぞゆっくりと休んでくださいな~。(^^ゞ
そうですか、月曜日からは鹿児島行きですか。

高速道の、鳴門=高松間がこの5月、全線複線化しましたので、京阪神から四国に渡るのには、
ますます明石・鳴門ルートが便利になりました。
そこに淡路島があったればこそのルートですが、ほとんど通過の道だけを提供している感じの
淡路島なんですが、まあ地味な島ではありますね。思いつくのは牛乳と玉ネギくらい。(^^ゞ

大鳴門橋に車を止めての渦潮撮影は、ちょっと問題がありますかね。しかしまあ、愛媛今治の、
来島海峡大橋は歩いて(レンタサイクルで)渡れます。渦潮も見られます。私も高所恐怖症ながら
撮影をしつつ歩いて渡ったことがあります。車道側にへばりつくようにして歩きましたが。

四国の山道(香川を除く四国)は落石が多いのです。大雨や台風の後が危険です。落石はだいたい
路面に割れて散らばっているのですが、これを踏むと危険です。タイヤを破損する場合があります。
凝灰岩の岩石はたとえ脆くなった石でも切り口が鋭利で、容易にタイヤを傷つけるんです。
小型車だと避けられる場合でも大型車だと、えい面倒だ、ということで踏むと痛い目にあいます。
私は落石を見つけると停車して片付けることにしています。でっかい岩は無理ですけどね。
こういうことがあるので私は県外を走る時はスペアタイヤ2本搭載で行くのですが、幸いに今まで
パンクしたことはありません。

3   裏街道   19/06/09 10:54

【鳴門=高松間がこの5月、全線複線化しましたので】

そうなんですよね、前回松山向けで走りやすさを実感しております。
後ろの車を気にしないでオートクルーズを経済速度に設定してのんびり走れるのがありがたいです。
この先チャンスがあったら海沿いのR196の風景を楽しみたいと願っております。


戻る