Cという時代の下に
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 Canon EOS 70D
ソフトウェア Digital Photo Professional
レンズ EF-S24mm f/2.8 STM
焦点距離 24mm
露出制御モード マニュアル
シャッタースピード 1/166sec.
絞り値 F2.8
露出補正値 +0.0
測光モード 分割測光
ISO感度 400
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 3000x2000 (4,093KB)
撮影日時 2021-04-04 20:18:43 +0900

1   S9000   21/04/04 22:15

 タイトルは元ネタあり。(略)
 息子の大学で、昨年行われなかった入学式が今年は行われたのですが、「入学式がなかった去年の一年生」のために「一年遅れの入学式」が、日程をずらして行われました。
 息子は対面出席し、私はオンラインで臨席しました。
 といって、大学の入り口まではついていきました。何せ私の母校でもある。そのまま、私が通っていたころにも存在したファミレスで、コーヒーを頼んで、入学式のオンライン映像を眺めてました。
 この1年は、本人にとっても親にとってもつらい面も多々あったのですが、withコロナゆえに伸びたスキルもあるし、1年を生き延びた仲間たちと「入学式」を迎えたことに、喜びを感じたところです。
 
 

2   kusanagi   21/04/05 20:38

テレビで確か、立命館がそのようなことをしているという放映がありました。各所の大学もそのような
ことをしているみたいですね。最近はウグイスコロナということで、大学ならずとも多くの企業がコロナ
時代の仕組みの中で生き延びていく模索をしているようです。大きく時代は変わりつつありますね。

3   S9000   21/04/05 22:46

こんばんは。コメントありがとうございます(^^)v
「一年遅れの入学式」は、学生に対する救済措置、思い出づくりという温情ではあるのですが、男女ともに入学式が「スーツ・デビュー」であるため、その機会があってよかったと思います。
 息子の同級生は三つ揃えを着てましたが、着こなしに自信がないらしくて助言を求められ、そりゃ私も詳しくはないのですけどわかる範囲で助言しました。
 芥川コロナなど考えてないで、まずは目の前の現実を乗り切らなければなりません。
 今日、仕事で、息子たちから見て15くらい上の世代の人間から、「2009年に経済の大きな落ち込みがあるみたいですが、これって何ですか?」と問われました。彼は2009年に、社会人でも社会人予備軍でもなかった様子で、リーマンショックを実感することがなかったのでしょう。
 今回のクイズコロナは、10年後にどのような記憶となっているのか、まずは個人として10年を生き延びたいものです。

戻る