無題
Exif情報
メーカー名 SIGMA
機種名 SD1 Merrill
ソフトウェア SIGMA Photo Pro 5.5.3.0001
レンズ 50mm F1.4
焦点距離 50mm
露出制御モード ノーマルプログラム
シャッタースピード 1/320sec.
絞り値 F2.5
露出補正値 -0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 100
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 2176x3264 (3,930KB)
撮影日時 2013-12-11 12:33:58 +0900

1   kusanagi   2013/12/11 22:20

無題

2   kusanagi   2013/12/11 22:25

●SD1Mの画質、かなり垢抜けていて、それでいつものシグマ初期ネーム
のカメラとは違うなあっていう印象を強く持ったのですが、確かに皆さんの
おっしゃるとおり、SD1とSD1Mの画質は違っているのかも知れません。
両機のカメラ、別物かもしれませんね。
しかしもう1台、初期型SD1を中古で購入する根性はないです。(笑)

蝶や昆虫の写真を撮ると、SD1Mの独壇場と言うか、これに敵うカメラは
ないのではないかと常々感じています。
私の写真撮影は大雑把なので本当はシグマのカメラである必要はない
のですが、ざっくばらんな多量撮影もシグマは出来るんだということで。(^^;
この写真もRAWミドル撮影なのですが、RAWハイと、さほどの相違は
ないのではと感じています。
この写真はRAWミドル設定、オートWB、スタンダード画質、アドビRGB、
50ミリF1.4レンズで、曇り日に撮影です。

昆虫撮影などは、被写体に対しての深い造詣というものがなければ、
そもそも写真撮影自体が成り立ちません。写真とは本来、被写体優先
で行くべきなのですが、そういうことでは昆虫撮影とは、被写体に対する
愛情や知的好奇心と写真行為が深く結びついているわけで、これこそ
写真の本道だろうと考えています。

ならば風景撮影も、そのように知的興味と写真行為が結びつけられる
はすだということで、私も最近、写真風景と、地理学や地学、歴史とかと
結びつけて考えるようにしています。
ただ綺麗な風景だ、ということではなく、何故この光景がここにあるのか、
何故この建物が建っているのかということを、地理学的歴史的に思いを
馳せるようにしているのです。
また地理学や歴史を知ることで、郷土愛というものも芽生えてきます。

●お酒は素晴らしい飲食物で人類が最初に発見した発酵食品じゃない
かなって考えています。どうやら東北の方はお酒が大変好きである。(^^;
それは東北では美味い米がたくさん穫れるからですね。
秋田・庄内・福島・新潟はブランド米の産地で、我が家もだいたいそこら
辺の米を買って食しています。やはり米は日本海側の地方の米が良質
のように感じます。これは水が良いから、つまり雪解け水のお陰かなって
思います。

お酒の効用の第一は、これは微生物(乳酸菌・酵母菌)による発酵食品
ですから大変消化が良く、お腹の消化器に負担を掛けないことでしょう。
もう一つは睡眠がコントロールできること。良い睡眠がとれ疲労やストレス
を翌日に持ち越さないという利点です。なのでお酒を召し上がる方は
健康で長生きする方が多いんです。百楽の長とはまさにこのこと。

日本は世界随一というくらいに酒造産業が発達していてその技術も
最高に優れています。日本酒だけでなく各種の発酵食品、栄養食品、薬品
とそのレベルは折り紙つきですね。日本人が長寿であるのはそういう高度
な発酵食品文化や産業のお陰ですね。

東北の冬景色、交通には不便ですが、写真としては最高の題材で雪のない
此方からみると羨ましい限りです。しかし雪景色はそちらに任せようか。(^^;
私の代わりに撮って頂いているようなものですから。(笑)

●カメラ機材のネット購入は、宅配会社の営業所止で、私はやっています。
これだと誰にも知られずに購入できるんです。(^^; キタムラネットの場合
は店があるので問題がない。
写真趣味は周囲からはひっそりとやって行きたいものですね。写真は
あくまでも個人行為です。家人から理解が得られることは金輪際ありません。(笑)

3   一耕人   2013/12/12 06:31

お酒は東北、北海道の人間の方が分解酵素が多いらしいですね。
最近の若い方々はあまり無茶な飲み方はしないようですが、
我々の頃はいくら飲めるかが武勇伝みたいなところがありました。
近所のじいさま達も亡くなる時は、「好きなだけ飲んで死んだんだから幸せだったんでないの」と見送られてました^^;
恐らくkusanagiさんが仰っておられるお酒の効用は、適度にたしなまれる良識のある方々のことですね。まさに百薬の長としての良薬ですよね。
しかし、仕事柄人様の生き死にを見てきた者としては、酒さえ飲んでなければ死ななくてもよかったものを。という方が実は世の中には皆さんの想像以上におられると思います。
私もそろそろ程ほどにしないと孫の顔も見れなくなりますので気をつけま~す^^

>写真はあくまでも個人行為です。家人から理解が得られることは金輪際ありません。(笑)
実感!!

戻る