必ず来る幸せ
Exif情報
メーカー名 PENTAX
機種名 PENTAX K-5 II s
ソフトウェア Photoshop Lightroom 4.4 (Windows)
レンズ smc PENTAX-D FA MACRO 100mm F2.8 WR
焦点距離 100mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/5000sec.
絞り値 F2.8
露出補正値 -0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 100
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 2000x1325 (1,273KB)
撮影日時 2016-04-30 09:56:47 +0900

1   ペン太   2016/05/09 20:08

が 花言葉のリュウキンカ

 ひるがの高原最後のショットとします。
大きな幸せの幻影を追い求めて 一度人生を破壊した私には
今の”小さな幸せ”を感じる事の出来る日々が 凄く楽しく充実していて

 故にこの花言葉を持つこの花のショットは外せない一枚です。

茎が直立し、黄金色の花をつけることから立金花と呼称されるようになった・・・ この花の特徴が見て取れるかと。。。。

2   Booth-K   2016/05/09 21:09

良い花言葉ですね。中島みゆきの時代にも通じるような。私も、大変な時期があって、今の会社で仕事を継続できていることを感謝せずにはいられません。やっぱ黄色は、幸福の色なのかなぁ。

3   MacもG3   2016/05/09 21:12

リュウキンかですか。
先日、大町の湿原にミズバショウと入れ替わるように咲いていましたね。地味ですが可憐な花です。

4   Ekio   2016/05/09 23:52

ペン太さん、こんばんは。
リュウキンカ、始めてみました。
黄色い花は、色のコクで随分と印象が変わりますよね。
小さいながらもしっかりとした色合いの黄色、水面の光が印象的です。

5   ペン太   2016/05/10 19:53

Booth-K さん
MacもG3さん
Ekioさん

     コメントありがとうございます。

MacもG3さんが書かれておられる様に、水芭蕉の近くに咲いていることが
多いとネットに載っていました。

 まだ色が少ない高原の湿原で、 小さいながらも
日差しを受けて光って居る様にも見えました。

戻る