コロコロとフワフワ
Exif情報
メーカー名 OLYMPUS IMAGING CORP.
機種名 E-M1
ソフトウェア Microsoft Windows Photo Gallery 6.0.6001.18000
レンズ
焦点距離 43mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/6400sec.
絞り値 F2.0
露出補正値 -0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 200
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 2400x3200 (2,765KB)
撮影日時 2017-05-03 09:44:15 +0900

1   Ekio   17/05/06 01:03

今回の「塩船観音」で一番撮りたかった写真の前ぼけとの組み合わせです。
ご覧のように丹念に手入れされたツツジ、皮肉なことに適度にバラけて前ぼけに使えそうな花がなかなか見つかりませんでした(^^ゞ
◎Pana-LEICA DG NOCTICRON 42.5mm/F1.2 ASPH.

2   oaz   17/05/06 06:45

お早う御座います。
 よく手入れされたツツジの丸い塊状がトテモ目立ちます。
相当手間をかけて手入れされたおられますね。
植林や手入れには余り撮影の事は配慮されないのでしょう。


3   ペン太(タブレット)   17/05/06 15:53

すり鉢のそこからのアングルでしょうか?
 苦労された柔らかい前ボケ
奥行き感をしっかり演出しています。

確かに手入れ素晴らしく行き届いていますね。。

4   エゾメバル   17/05/06 22:22

この日は北海道が殊のほか暑くて、沖縄より暑い地方がありました。
そちらも暑いようで日傘を差してベンチに腰掛けて見物されている方が
いますが、その視線はツツジに向けられているのでしょうが、作品的に
は目線の向こうに写した観音像の下に立つ見物人との対象にも見えま
す。

5   Booth-K   17/05/07 00:36

ここのツツジは見事ですよねぇ。いつもタイミングが難しいんですが、今が旬でしたか・・。
前ボケに、日傘の夫婦でしょうか、気持ちも暖かくなるお写真です。

6   Ekio   17/05/07 10:30

皆さん、コメントありがとうございます。
この塩船観音寺のツツジは、この位置から観音様を見上げるポジション、または観音様の展望台から見下ろすポジションが秀逸です。

戻る