シグマSD15
Exif情報
メーカー名 SIGMA
機種名 SIGMA SD15
ソフトウェア SIGMA Photo Pro 5.5.3.0001
レンズ 18-35mm
焦点距離 18mm
露出制御モード ノーマルプログラム
シャッタースピード 1/400sec.
絞り値 F6.3
露出補正値 +0.0
測光モード 分割測光
ISO感度 100
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 2640x1760 (4,438KB)
撮影日時 2010-04-01 13:35:55 +0900

1   kusanagi   21/02/12 22:09

これは古いSD15で18-35F1.8のレンズです。撮影条件はモヤ掛かりでよくありません。そこそこの
ベイヤー並の描写ですがピントのある部分の細部を見るとフォビオンという感じがしますかね。(^^ゞ

2   MT   21/02/13 10:16

フォビオンはエッジの線が細いですがベイヤーは線が太いので違和感があります
そしてその現場にいる様な臨場感がありますね。 

3   kusanagi   21/02/13 21:06

フォビオンは階層構造なので平面1画素に当たるものは、ベイヤー(平面構造)では3~4画素に
相当します。その2つの画像をピクセル等倍で見た場合、ベイヤーは太く感じるというのはあたって
います。それでベイヤーは画素数を多くする、撮像素子サイズを大きくするという方向に向かいまし
た。もちろんフォビオンも遅ればせながらそうしているのですね。
このシグマSD15は、その前のモデルのSD14をスピードアッフしたカメラだと私は捉えています。
それで絶対画質的にはSD14より劣っていると考えます。しかし露出やWBやピントはSD14より向上
しているので悪いモデルというわけではありません。連写能力は随分向上していますね。

戻る