写し屋さんの肖像・意思のあらわれ
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 Canon EOS 70D
ソフトウェア Digital Photo Professional
レンズ TAMRON SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD G2 A022
焦点距離 329mm
露出制御モード マニュアル
シャッタースピード 1/1024sec.
絞り値 F6.4
露出補正値 +0.0
測光モード 分割測光
ISO感度 400
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 2700x1800 (3,576KB)
撮影日時 2021-02-20 20:46:43 +0900

1   S9000   21/02/20 21:22

 カワセミを狙う女性フォトグラファー。三脚でIS-ONは異論もあるのかもしれませんが、そこではなく、フォーカスリミッターを6m以遠に設定していることが印象に残りました。
 私は2mくらいの接近から30m以遠まで同じレンズで撮影するので、フォーカスリミッターは常に解除してます。だけど、手前にある障害物にAFを引っ張られることもけっこうありますね。それぞれのやり方があるのですが、こういった設定に、撮影者の意思を感じるように思えて、何だか楽しいのです。

2   Kaz   21/02/22 14:35

風景撮影だとISは切っておいた方が良いかなとは思いますが
鳥撮影の場合は、視野に鳥が入ってから三脚上のカメラを
動かして撮影するので手振れは発生するでしょうから
ISは入れておいた方が懸命なのではと私は思います。
フォーカスリミッターは私も常に解除の口。
なぜならば、入れたり、切ったりするのが面倒で絶対に
忘れて失敗するのが眼に見えてるから、というズボラな
私の意思が入っております。(笑)

3   S9000   21/02/23 03:04

こんばんは。コメントありがとうございます(^^)v
 150-600mmで撮影していて、2mくらいの距離でシロハラを撮影するとき、20m以上先にいるカワセミを撮影するときなどいろいろですが、フォーカスの速度がそこまで遅くないと感じているところです。
 180mmマクロで野鳥を撮影していたときは、多少使ってました。
 私は、いろいろな野鳥を探してうろちょろするタイプですが、決め打ちでどっしり構えるというのもいいな、と少し憧憬を感じました(^^)v
 

戻る