群生
Exif情報
メーカー名 PENTAX
機種名 PENTAX K20D
ソフトウェア PENTAX Utility Ver. 4.40
レンズ TAMRON 90mm F2.8 Macro
焦点距離 90mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/80sec.
絞り値 F11
露出補正値 -0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 200
ホワイトバランス 太陽光
フラッシュ なし
サイズ 4382x2909 (7,540KB)
撮影日時 2016-05-14 10:30:34 +0900

1   エゾメバル   2016/05/14 18:41

先日はニリンソウに振られたので、今日はオオバナノエンレイソウの群生地に行ってきました。最近雨が降ってないので、あまり元気がありませんでしたが、今年も白い花が敷き詰められていました。
環境に敏感な花です。

2   ポゥ   2016/05/14 21:19

凄い高コントラスト条件下での撮影、大変だったことかと思います。
私自身は、ある意味、そこから逃げる意味もあって日の出前の
撮影をしている、というようなところがあると思っています。
こういう難しい条件をクリアーしてこそカメラマンですね。
偶然に頼っていてばかりじゃ成長がありません。
まさにまばゆいばかりの緑。臨場感たっぷりで表現なさっていると思います。
よく見ると、オオバナノエンレイソウ(存じ上げ無かった花です)
ばかりではなく、フキの様な大きい葉や、シダを、順光・透過光織り交ぜ
全体で一枚の柄のように構成されているわけですね。
鬱蒼とした背景の森も生命感たっぷりです。
季節がグワッと迫ってくるような迫力・ダイナミズムがあります。
「光好きカメラマン」として、とても好きな作品です。

3   ペン太   2016/05/14 21:25

森の奥深くに入る手前・・・
 丁度木立ちの下にシダが見えそんな感じを受けました。

本州北部、北海道でしか見る事の出来ない
大きめな葉と花を持つオオバナノエンレイソウですが 
清楚な白色が 濃い緑の中でとても爽やかさを醸し出しています。

 木立ちの奥・・ 怖くて分け入れそうも無い、自然の結界があるかの様です。。

4   Hm   2016/05/14 21:58

人の、入らない、所では、みずみずしく、花は、咲いているのですねぇ、エンレイソウは、白と、紫色が、あるのですねぇ(^o^)

5   Booth-K   2016/05/15 00:50

前回のエンレイソウ、そしてオオバナノエンレイソウは、初めて見るような気がします。ユリ科なんですね。この白は、形は違うけど水芭蕉を連想してしまいました。季節の変わり目を告げる白なのかも。

6   Ekio   2016/05/15 07:33

エゾメバルさん、おはようございます。
ポゥさんも仰っていますが、緑と黒・光と影、厳しい条件の中で白い花の広がりが綺麗に表現出来ていますね。

7   エゾメバル   2016/05/15 08:50

お早うございます。
ポゥさん、先日お聞きしたことを頭に置きながら、光の向きなどを
意識して撮影してみました。有難うございました。

ペン太さん、お早うございます。
「本州北部、北海道でしか見る事の出来ない」花ですが北海道大学
の校章にもなっています。発芽してから花が咲くまでには10年も
かかるということです。

Hmさん、お早うございます。
長い時間をかけて出来た自然はバランス良く出来ていて、小鳥も沢山
きますし、保水力もあるのでそこにいるだけで気持ちが良いです。
北海道の春はいいですよ!

B00th-Kさん、お早うございます。
早春の野の花としては、遅く咲く花ですね。この花が終わる頃になる
とスミレなどが咲き始め初夏に向かう頃になります。
北海道は今頃が暖かくなり始めて、未だ蚊やブヨなども出てこないの
で野山を楽しむのにはとても良い季節です。

EKioさん、コメント有難うございます。
流石にこれだけ光が強くなると厳しいですね。肉眼で見る光と影は
綺麗なのですが、レンズを通すとなかなか曲者でポジション移動した
り、露出を変えてみたりあれこれやってみています。

戻る