MakerNote研究所

1:輝いていたあの頃2 2:万年雪3 3:晩秋を踏みしめて4 4:秋色ラクウショウ5 5:秋、緑林に憩う(4)4 6:御箱崎千畳敷7 7:西武特急三代記5 8:ピークハント4 9:Frozen Fruit 6 10:秋を惜しんで6 11:名脇役?6 12:急↑急↓7 13:Frozen flower6 14:秋バラ3 15:池の淵の秋8 16:季節が伝わる5 17: モルゲンロート6 18: みちのくひとり旅5 19: 札幌の秋風景5 20: 名残の色5 21: 晩秋、冬鳥来たる5 22: 晩秋のシメントリー5 23: 蒼の世界3 24: 鏡の国から来た秋8 25: 小春日和その22 26: 冬の銀河_乗鞍高原晩秋_20197 27: 小春日和その33 28: 小春日和2 29: 秋、緑林に憩う(3)6 30: 晩秋6 31: 南湖秋水夜無煙8 32: 美は細部に宿る4   
  写真一覧
写真投稿

輝いていたあの頃
Exif情報
メーカー名 OLYMPUS CORPORATION
機種名 E-M1MarkII
ソフトウェア OLYMPUS Viewer 3 2.3W
レンズ OLYMPUS M.12-40mm F2.8
焦点距離 12mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/4000sec.
絞り値 F3.5
露出補正値 -0.3
測光モード
ISO感度 200
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 3200x2400 (1,052KB)
撮影日時 2019-11-09 21:08:59 +0900

1   Ekio   19/11/11 20:38

イベント自体は「歴代特急の並び」がメインでしたが、引退した保存車両の展示もありました。

西武秩父線は観光目的の他に武甲山のセメントを輸送する役目も期待されて開通しました。
1000トンの貨物を急な山道で運用する為に私鉄最強の電気機関車が誕生しました。
貨物の電気機関車と言うと汚れが目立たない茶色が当たり前の時代に眩い色合いで登場して話題になりました。

やがて道路が整備されるとセメント輸送はトラックに置き換わり、役目を終えた4両の電気機関車は保存の1両を残して解体されました。

オリンパスのレンズ、晴れると押し出しの強い絵が出てきますね。

2   ペン太(Xperia Z4)   19/11/13 16:09

誇らしげに大きく写した構図
青空とのコントラストが際立ってますね。

子供の頃にお盆に北陸帰省に乗った
L特急"しらさぎ"もこの配色
古き時代にものに思いをはせる。。。
歳取ったなあって感じました。

コメント投稿
万年雪
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 Canon EOS-1D X
ソフトウェア
レンズ EF24-70mm f/2.8L II USM
焦点距離 70mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/332sec.
絞り値 F7.0
露出補正値 +0.0
測光モード 分割測光
ISO感度 2000
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 5184x3456 (12,591KB)
撮影日時 2019-10-26 23:18:16 +0900

1   masa   19/11/10 21:41

学生時代の私のホームグラウンド。新潟県荒沢岳の雪渓です。
盛夏を過ぎても融け残り、もうすぐ初雪なので万年雪と呼ばれます。
厳冬期は5-6メートルの豪雪に埋まります。
このへんの山は紅葉というより黄葉、橙葉といった感じです。

2   Ekio   19/11/11 19:37

masaさん、こんばんは。
学生時代のお仲間との訪問でしょうか?
幾重にも重なる荒々しい風景。「荒沢」と言う名前に納得してしまう光景です。
万年雪が残るとなると厳しい状況での登山だったのでしょうね。

3   ペン太(Xperia Z4)   19/11/13 16:02

3000m級のアルプスじゃあ無くても
万年雪、雪渓が見られるんですね。
秋色の山肌とのコラボ
深山感が半端じゃあ無いです。

コメント投稿
晩秋を踏みしめて
Exif情報
メーカー名 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
機種名 PENTAX KP
ソフトウェア Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)
レンズ
焦点距離 16mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/500sec.
絞り値 F8.0
露出補正値 -1.0
測光モード 分割測光
ISO感度 1000
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 3000x1995 (7,294KB)
撮影日時 2019-11-02 18:01:25 +0900

1   ペン太   19/11/10 20:05

木立の中の一面の落ち葉
 大好きなシュツエーションです。
踏めば柔らかく カサカサと鳴く音を聴きながらの散策
寝ずでの強行軍の疲れを癒してくれました。

乗鞍高原 善五郎の滝への散策路にて

2   CAPA   19/11/10 20:51

色づいた葉を持つ幹を主体とした木立、褐色の同系色落葉に敷き詰められたような地面、
まさに晩秋の風情ですね(冬鳥がどこかにいそうな)。
長く伸びた木の影も日本の原風景を思わせるようで、効果的です。

3   Ekio   19/11/11 19:30

ペン太さん、こんばんは。
一面に広がる落ち葉、すっかり晩秋の景色ですね。
>カサカサと鳴く音を聴きながらの散策・・・
お写真から聞こえて来そうです。
長い影の存在感も見事ですし、上辺の切り方も絶妙です。

4   ペン太(Xperia Z4)   19/11/13 15:54

CAPAさん
Ekioさん

コメントありがとうございます。
色付いたままの紅葉の落ち葉の絨毯もきれいですが
アーバン一色の晩秋の佇まい 魅せられました。

木立の上には冠雪した乗鞍岳が見えていましたが
敢えて構図には入れませんでした。

コメント投稿
秋色ラクウショウ
Exif情報
メーカー名 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
機種名 PENTAX KP
ソフトウェア Photoshop Lightroom 6.14 (Windows)
レンズ Tamron SP AF 70-200mm F2.8 Di LD [IF] Macro
焦点距離 130mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/500sec.
絞り値 F4.5
露出補正値 -0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 100
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 3971x2640 (2,463KB)
撮影日時 2019-11-04 22:29:43 +0900

1   Booth-K   19/11/10 00:14

青空に、胡桃(皮をとった)の様な実をぶら下げたラクウショウが色付いていました。何だか見ていても嬉しい。

2   Ekio   19/11/10 09:17

Booth-Kさん、おはようございます。
鮮やかながらも柔らかな葉っぱ、入り混じる実はなかなか見応えがありますね。
モミジやイチョウに目を奪われがちですが、まさに秋の風情です。

3   ペン太   19/11/10 19:51

初めて聞く名前の木だったので
調べて見たら メタセコイアに似ているとか。。

 画面いっぱいの黄葉
陽射しを一杯に受けて目にも鮮やかですね~。
実も沢山、正に実りの秋 黄葉の秋
 嬉しくなるお気持良く判ります。

4   CAPA   19/11/10 20:13

ラクウショウ(やメタセコイア)は、夏頃によく見た印象から
緑に生い茂った大木のイメージがありますが、秋にはこんな色合い、姿になるんですね。
ボリューム感のある黄葉の鮮やかさ、褐色系の力強そうな実たち、インパクトあります。

5   [email protected]スマホ   19/11/13 07:55

お早うございます。
メタセコイアは、整った緑が、ラクウショウは色づいた気まぐれな配置がお気に入りです。
だいぶ秋も深まってきましたね。

コメント投稿
秋、緑林に憩う(4)
Exif情報
メーカー名 OLYMPUS IMAGING CORP.
機種名 E-5
ソフトウェア OLYMPUS Viewer 2 1.1W
レンズ
焦点距離 300mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/100sec.
絞り値 F4.0
露出補正値 +0.0
測光モード 分割測光
ISO感度 250
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 3600x900 (1,766KB)
撮影日時 2019-11-02 17:52:58 +0900

1   CAPA   19/11/10 11:38

ヤマガラが林の中に安らいでいました。
左右の2羽(1/3枚目)は木の実を食べている(2枚目)のをうらやましいと
思ったかもしれませんね。
先日の「秋、緑林に憩う」「秋、緑林に憩う(2)」「秋、緑林に憩う(3)」では
鳥はシジュウカラ、キツツキ類、エナガ
今回はヤマガラです。

2   ペン太   19/11/10 19:58

同じ鳥(個体は別?)
 留っている場所も
姿も違う三枚を組写真に
最近のCAPAさんの 一貫した取り組み
今回も見事に決まっていますね。

真ん中のショット 枝葉の中
ピント合わせが難しそうです。。。

3   Ekio   19/11/11 19:24

CAPAさん、こんばんは。
向きを変えたものの組写真ですが、一枚一枚しっかりと撮られておられるので見応えのあるお写真となるのでしょうね。
ヤマガラの色合いは秋の風景に似合います。
木の実を食べているのを真ん中に据えたところは流石ですね。

4   CAPA   19/11/12 21:31

ペン太さん、Ekioさん ありがとうございます。
実を食べている鳥(正面顔)写真を作品にしようと思いましたが、
そうでない鳥写真をどのように活かすかも考えた結果が本作品です。
今回のヤマガラ写真3枚の組写真化は奏功したようです。

コメント投稿
御箱崎千畳敷
Exif情報
メーカー名 SIGMA
機種名 SIGMA DP2 Merrill
ソフトウェア Photoshop Elements 11.0 Macintosh
レンズ
焦点距離 30mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/320sec.
絞り値 F4.0
露出補正値 +0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 100
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 4634x3089 (14,605KB)
撮影日時 2019-11-04 19:17:47 +0900

1   MacG3   19/11/07 23:11

三陸海岸を代表する景勝地。。。と言いたいところですが、
アクセスが悪くイマイチ一般的ではありません。
この日は台風一過ということもあり駐車場までの道が倒木、土砂崩れで車の通行ができず、目的地まで片道1時間半歩いてやっとたどり着きました。
http://kamaishi-kankou.sakura.ne.jp/wp/wp-content/uploads/2017/03/senjoujiki.pdf

3   エゾメバル   19/11/08 09:35

正に台風一過の晴天、ですね。
>目的地まで片道1時間半歩いて
 当然往復3時間、この景色をものにするにはこれ位の努力は惜しまな
い姿勢ですね。
まだ少し波が残っており、広がりと荒々しさが圧倒的です。

4   Ekio   19/11/08 21:03

MacもG3さん、こんばんは。
まさに「千畳敷」に相応しい光景ですね。
あらためて自然の造形の素晴らしさを実感出来るお写真です。
>片道1時間半歩いて・・・
お疲れ様としか言いようが無いです。お陰様で素晴らしいお写真を拝見できました。

5   Booth-K   19/11/09 00:03

これが日本の風景とは・・、ダイナミックですねぇ!
満潮の時は濡れている辺りまで上がるのでしょうか?
左上に残っている水の色、波打ち際の表情と、ここまで来る熱意のこもった魂の1枚ですね。
「みちのくひとり旅」は、鉄道ファンじゃなくても「うわっ」とハイになる景色、色合いは見入ってしまいました。

6   MacG3   19/11/09 22:00

コメントありがとうございます。
長い時間かけて行った甲斐があったというものです。
熊出没の看板見たときには行くのやめようかと思いましたが。

7   クリック   19/11/11 20:59

この板を初めて見ましたが、がんばって撮影していますね
伊豆半島の熱海側の海岸によく地形が似ています、日本は地震列島ですね。


コメント投稿
西武特急三代記
Exif情報
メーカー名 OLYMPUS CORPORATION
機種名 E-M1MarkII
ソフトウェア OLYMPUS Viewer 3 2.3W
レンズ LEICA DG 10-25/F1.7
焦点距離 17mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/5000sec.
絞り値 F2.8
露出補正値 -0.3
測光モード
ISO感度 200
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 2820x2000 (1,673KB)
撮影日時 2019-11-09 19:57:49 +0900

1   Ekio   19/11/10 10:06

今年は西武秩父線開通30周年と言うことで様々な取り組み・イベントが行われています。
昨日は武甲山の麓の車両基地に歴代の特急車両が揃いました。
初代「レッドアロー」、既に引退・保存されている先頭車
2代目「ニューレッドアロー」、次代のラビューと置き換えが進んでいます。
3代目「ラビュー」、今年デビュー。
並べてみると「突然変異」です(^^ゞ
細身に見えるのはトンネル幅の狭い地下鉄への乗り入れを視野に入れているからとの推測があります。

来年3月のダイヤ改正で秩父線に入る特急はすべて「ラビュー」に変わるものと思われますので最初で最後の並びになる可能性が高いです。

2   ペン太   19/11/10 19:55

なるほど
 確かに左2両は、正常進化と思えますが
右の列車は”これがラビューですね”
 スリム且つ近未来的な姿に変異していますね~。

>最初で最後の並びになる可能性が高いです。
こう言う絵を逃さないのは さすがEkioさんならではですね!

3   CAPA   19/11/10 20:00

左手の初代・レッドアローは「特急ちちぶ」の看板などが昔風、
2代目、3代目なると車両がだんだん丸みを帯び、
特に3代目は洗練され近未来風で、前にEkioさんの作品で扱われましたね。
こうして相並ぶと初代から乗って知っている人たちには、感慨深く
壮観でしょうね。




4   CAPA   19/11/10 20:03

それと、西武鉄道のサイトなどを見ると
西武秩父線開通「50周年」記念となっていますね。

5   Ekio   19/11/11 19:13

ペン太さん、ありがとうございます。
今までの流れをぶったぎるようなスタイル、沿線住民としても驚きました。
実際に乗ってみても抜群の乗り心地が魅力的です。

CAPAさん、ありがとうございます。
初代は1969年の運行開始ですから、大阪万博の前年でした。
元気溢れるデザインなのも懐かしく思えて来ます。
「30周年」、ご指摘ありがとうございます。帯の中は正しいのですがなぜかコメントを間違えてしまいました。

コメント投稿
ピークハント
Exif情報
メーカー名 Apple
機種名 iPhone 7
ソフトウェア Photoshop Elements 11.0 Macintosh
レンズ iPhone 7 back camera 3.99mm f/1.8
焦点距離 4.0mm
露出制御モード
シャッタースピード 1/4000sec.
絞り値 F1.8
露出補正値 +0.0
測光モード スポット測光
ISO感度 20
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 3500x865 (2,715KB)
撮影日時 2019-11-04 19:31:57 +0900

1   MacG3   19/11/09 23:26

前投稿のピークからのパノラマです。
高さにして7、8mなので大したことないですが
登ったら意外に高かった。。。

2   Booth-K   19/11/10 00:10

こうして見ると、岩でできた島みたいにも見えますね。波に削られた岩の表情が見事です。これは凄い迫力、歩いた甲斐がありますね。

3   Ekio   19/11/10 09:09

MacもG3さん、おはようございます。
パノラマとしたことで景観の凄さが伝わって来ますね。
時を重ねて造られた自然の造形に驚きます。

4   ペン太   19/11/10 19:47

サムネイルでは、何だこれは!?でしたが
 パンラマの効果がしっかり
10mに満たない高さからでも
この景観の全容が把握できて
改めて自然の造形の力強さに感心しました。

コメント投稿
Frozen Fruit 
Exif情報
メーカー名 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
機種名 PENTAX KP
ソフトウェア Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)
レンズ
焦点距離 85mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/50sec.
絞り値 F5.6
露出補正値 +0.0
測光モード 分割測光
ISO感度 1000
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 3000x1995 (3,148KB)
撮影日時 2019-11-02 16:02:17 +0900

1   ペン太   19/11/09 19:52

花に続いてもう一枚。

  まいめの池はこれで最後です。

2   MacG3   19/11/09 23:23

Frozen Fruitとは上手い言い方ですね。
食べたら甘酸っぱそうな。。。。なことないか?
この赤い実も間も無く落下するのでしょうが、
このまま凍りついて一冬越すなんてこともありそうですね。

3   Booth-K   19/11/10 00:03

この清々しくも、ひんやりとした空気感が堪りませんね。
赤い実も、葉っぱも霜で厳しいのでしょうけど、美しい姿でもあります。
レンズは、16-85でしょうか? 良い描写ですね。

4   masa   19/11/10 06:30

ノイバラの実ですね。
硬い赤い皮に覆われて、このまま冬を越します。
真冬の貴重な彩りです。

5   Ekio   19/11/10 09:04

ペン太さん、おはようございます。
花にしても実にしても霜が綺麗な演出をしてくれましたね。
写真に収めるタイミングが難しい取り合わせかと思いますが見事に合わせ込んでいます。

6   ペン太   19/11/10 19:45

MacG3さん
Booth-K さん
masaさん
Ekioさん

  こんばんは。。  コメントありがとうございます。

色を失いつつある景色の中で、
 小さいながらも赤い実に引き寄せられました。

>硬い赤い皮に覆われて、このまま冬を越します。
深い雪に覆われる地で越冬、自然の力強さを感じさせてくれますね。
  

コメント投稿
秋を惜しんで
Exif情報
メーカー名 OLYMPUS IMAGING CORP.
機種名 E-5
ソフトウェア OLYMPUS Viewer 2 1.1W
レンズ
焦点距離 300mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/640sec.
絞り値 F4.0
露出補正値 +0.0
測光モード 分割測光
ISO感度 200
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 3600x900 (1,374KB)
撮影日時 2019-10-27 17:25:02 +0900

1   CAPA   19/11/07 23:12

蝶を含めて、見かける昆虫が少なくなってきました。
正面顔を中心に、ヤマトシジミの姿三つを組み合わせました(蝶三変化)。

2   ペン太   19/11/08 06:30

留っている花 葉も三様
 右向き 正面 左向きと
揃えられるのにご苦労されたかた思う
見事な組写真です。

三枚揃えるのにどれほど時間を掛けられたのでしょうか?

3   エゾメバル   19/11/08 09:40

同じ個体の蝶を追いかけたのでしょうか?
この時期に羽の痛んでいない奇麗な蝶を見つけるのが先ず大変だったか
と思います。
シッカリ,じっくり撮るのも引き付けますね。

4   Ekio   19/11/08 21:07

CAPAさん、こんばんは。
今回は三枚ですね。組み合わせる事の意義がしっかりと垣間見える構成です。
動きものにもかかわらずタイミングをきっちり合わせているのは流石です。

5   Booth-K   19/11/09 00:08

三面鏡のような構成に、左右紅白の対象と、よくもまあヤマトシジミで構成したなと、感心します。最近、ヤマトシジミは活発に飛び回っているのをよく見かけます。

6   CAPA   19/11/10 12:05

ペン太さん、エゾメバルさん、Ekioさん、Booth-Kさん ありがとうございます。
正面顔(2枚目)をメインに、どのように組み合わせるかいろいろ考えました。
蝶(ごく最近のもの)は、それぞれ別の個体です(1/3枚目は同日撮影)。

コメント投稿
名脇役?
Exif情報
メーカー名 OLYMPUS CORPORATION
機種名 E-M1MarkII
ソフトウェア OLYMPUS Viewer 3 2.3W
レンズ OLYMPUS M.75mm F1.8
焦点距離 75mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/8000sec.
絞り値 F1.8
露出補正値 +0.3
測光モード
ISO感度 200
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 2400x3200 (650KB)
撮影日時 2019-11-04 20:41:05 +0900

1   Ekio   19/11/09 07:55

神代植物公園、園内にはところどころにオブジェがあり、アクセントとなっています。
そんな彼ら(彼女ら)も「バラフェスタ」の最中にはすっかり影が薄くなってしまいます。
自分も普通にバラを撮っていたのですが、オブジェが目に入った時に「逆もありかな」と狙いを変えてみました。

2   ペン太   19/11/09 19:43

バラ園の塑像
 バラを主役と見立てれば 確かに脇役ですが
これだけでも 青空とぼかしたバラを従えて
立派な”主役”とも見て取れました。
 足元をあえてカットしたところにアートな感覚を感じましね~。

3   ペン太   19/11/09 19:44

>足元をあえてカットしたところにアートな感覚を感じましね~。

足元をあえてカットしたところにアートな感覚を感じましたね~。

 脱字ご無礼です^^;

4   MacG3   19/11/09 23:06

お〜なんともセクシーです。
オブジェとわかっていても感じてしまいました(^^)

5   Booth-K   19/11/09 23:56

妙に色ッぽいですね。薔薇の赤が入ってなかったら、そうは感じませんね。

6   Ekio   19/11/10 08:57

ペン太さん、MacもG3さん、Booth-Kさん、ありがとうございます。
気持ちよい青空が広がっていたこともあり、青空・バラ・オブジェとの組み合わせとしてみました。

コメント投稿
急↑急↓
Exif情報
メーカー名 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
機種名 PENTAX KP
ソフトウェア Photoshop Lightroom 6.14 (Windows)
レンズ HD PENTAX-DA 55-300mm F4.5-6.3 ED PLM WR RE
焦点距離 260mm
露出制御モード 不明(0)
シャッタースピード 1/800sec.
絞り値 F8.0
露出補正値 -0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 160
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 3971x2640 (883KB)
撮影日時 2019-11-02 23:25:52 +0900

1   Booth-K   19/11/09 00:40

先週、航空祭前日の訓練飛行へ行ってきました。その後、田舎へ帰ろうとしたのですが、力尽きて断念。(汗)
しばらく忙しいのが続きそうですが週末くらいは投稿しようと思います。久々の気持ち良い青空には癒やされました。現像したての、ほかほか、湯気? いや、スモークですね。

3   ペン太   19/11/09 19:47

おおっ

 ブルーインパスルの勇姿!
一も二も無く、かっこいいですね~!
急上昇から一転 急降下
 どれだけの Gが掛かっている事か。。。

余談ですが 映画 トップガンの続編”マーベリック”が来年公開
めっちゃ楽しみにしています。

 このお写真といい、いい歳して子供心が騒ぎます。

4   エゾメバル   19/11/09 22:11

ブルーインパルスのパイロットはエリトーパイロットから
選ばれると聞いていますが、訓練次第でこんなこともでき
るようになるのですから人の能力は凄いですね。
青い空の中に青い戦闘機と白い煙の取り合わせは気持ちよ
いほどすっきりしています。

5   MacG3   19/11/09 23:03

ブルーインパルスだけに青空に映えますね。
物凄い爆音で迫力ありますが、あんだけ接近して飛ぶなんてまさに神業です。
ブルーインパルスが飛ぶときは平和な感じがして好きです。

6   Booth-K   19/11/09 23:42

こんばんは、コメントありがとうございます。
上下も関係なしに高速で逆さまで当たり前に飛行する人間の感覚ってどうなってるんだろうと、全く想像がつきません。
最初の離陸のとき、すぐ頭の上を通過し今まで体験したことがないくらい低くて、爆風と噴煙を浴びて小さな子は泣き出すほどでした。
ちょっと驚きましたが、迫力はしっかり楽しめました。(笑)
訓練用とはいえ戦闘機ですが、確かにブルーインパルスの飛ぶ景色は平和な感じがします。

7   masa   19/11/10 08:27

5年ほど前に孫坊主にせがまれて見に行ったことがあります。
すごい人出で、チビを肩車して歩きました。
望遠持参で写真も撮ったんですが、撮り終わるとまたチビを肩車。 クタクタになりました。
でも、 ブルーインパルスを見上げて大喜びしているチビの歓声を聴くと、また元気が出るから、ジイジって不思議です。

コメント投稿
Frozen flower
Exif情報
メーカー名 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
機種名 PENTAX KP
ソフトウェア Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)
レンズ
焦点距離 85mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/125sec.
絞り値 F5.6
露出補正値 +0.0
測光モード 分割測光
ISO感度 800
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 3000x1995 (2,346KB)
撮影日時 2019-11-02 15:57:31 +0900

1   ペン太   19/11/08 06:34

先に書きましたが
 この朝 おそらくは氷点下
足元には霜柱や草葉には真っ白な霜が下りていました。

咲き残った花に霜が下りて 凍っているように見えたのに
眼が留り、 ほとんど腹這い状態で撮ったショットです。
背の低い小さな花でした。

2   エゾメバル   19/11/08 09:45

この時期ならではのショットですがチャンスは少ないですね。
>ほとんど腹這い状態で撮ったショットです
このカメラならもっと楽な方法があったと思いますが、きっちりとファ
インダーで確認しながらの撮影、恐れ入りました。

3   masa   19/11/08 18:17

マツムシソウ、凍えながら最後の花を咲かせている ・・・健気で涙が出そうです。

こういう花に目を向けられ、腹ばい状態になられたペン太さんにエールを送ります。
(全日本匍匐組合長より)

4   Ekio   19/11/08 21:10

ペン太さん、こんばんは。
霜ですっかり化粧をした花、綺麗な花色との組み合わせで印象的なお写真となりましたね。
花には試練かも知れませんが、健気に咲いています。

5   Booth-K   19/11/09 00:20

霜が降りても凍らない、生命の強さみたいなものを感じます。
日が差して水滴に覆われる姿が目に浮かびます。
乗鞍高原の、まいめの池もモルゲンロートも羨ましく拝見しました。
1日遅れで行こうかと思いつつも断念。体調的には正解かな。見るからに、あの寒さでは帰ってこれなかったかも。(汗)

6   ペン太   19/11/09 19:39

エゾメバルさん
masaさん
Ekioさん
Booth-K さん

  こんばんは。  コメントありがとうございます。

ほんの一輪・・・
 masaさん書いて下さった様に 根性を通り越した
健気さに心を打たれました。

エゾメバルさん
 チルトモニター、ライブビューでのピント合わせ
位置が低いと やはり地面すれすれでないときっちりピント
合わせれなかったです。

 masaさん これをアップすれば必ず花の名前を教えて頂けると
確信しれいました。  ありがとうございます。 

Booth-Kさん
 とうとう今年だけで、三回目の訪問になりました。
 Booth-Kさんが長年、魅せられて通い続けているのが
納得です!

コメント投稿
秋バラ
Exif情報
メーカー名 OLYMPUS CORPORATION
機種名 E-M1MarkII
ソフトウェア OLYMPUS Viewer 3 2.3W
レンズ ZEISS MakroPlanar 50mm
焦点距離 50mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/4000sec.
絞り値 F2.0
露出補正値 -0.3
測光モード
ISO感度 200
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 2400x3200 (571KB)
撮影日時 2019-11-04 19:24:45 +0900

1   Ekio   19/11/08 21:18

「神代植物公園」の秋バラです。
名前はおそらく「マジョリカ」、秋バラは比較的濃いめの色合いが多いのですが、ベビーピンクのほのかな色合いが好きな花です。
バラ園では花壇の中にレンズを向けるとどうしても背景がうるさくなりがちなので、通路側(レンガ畳っぽい仕上げ)に逃がすようにしています。

2   Booth-K   19/11/09 00:29

明るく清純な雰囲気の薔薇ですね。露も残って、より瑞々しく感じます。
私、バラ園ではここぞとばかり積極的に背景に薔薇を入れてしまいますが、そういう工夫もあるのですね。

3   Ekio   19/11/09 06:51

Booth-Kさん、ありがとうございます。
>バラ園ではここぞとばかり積極的に背景に薔薇を入れてしまいますが・・・
もちろん、バラ園ともなれば華やかさを狙いたくなりますよね。
それと同時に個々の花の美しさも堪能しました。

コメント投稿
池の淵の秋
Exif情報
メーカー名 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
機種名 PENTAX KP
ソフトウェア Utility 5 Ver.5.7.0
レンズ
焦点距離 78mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/40sec.
絞り値 F6.3
露出補正値 -0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 1600
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 6016x4000 (9,262KB)
撮影日時 2019-10-29 01:05:35 +0900

1   エゾメバル   19/11/07 14:35

この場所では色んなポーズで記念写真を撮る女性が見られました。

4   通行人   19/11/08 04:42

ホモ達みたいなコメントだな〜

5   ペン太   19/11/08 06:14

紅葉が色付き途中
 一つ一つの葉の中の
赤とオレンジのグラデーションに
季節進行中と感じました。
 ぼかした人物像でも、服装で気温が低いのは窺い知れますね。

6   エゾメバル   19/11/08 09:27

コメントありがとうございます。
昨夜は平地には氷雨が降り、山には雪が降ったようで中腹まで真っ白に
なっています。
家の周りの銀杏の並木も雨に打たれて道いっぱいの葉を落としています。

7   Ekio   19/11/08 21:00

エゾメバルさん、こんばんは。
真っ盛りの紅葉、実に綺麗な色合いです。
バックに入れた方々も同じように秋を堪能しているのでしょうね。

8   Booth-K   19/11/08 22:04

こんばんは。
いつもながら、構図は工夫されていますねぇ。
深まる秋、というか過ぎゆく秋を楽しむ季節感が伝わってきます。
「札幌の秋風景」も、素晴らしくて思わず「うヒャぁ」と声出してしまいました。あの色彩、蔦の色付き、中央のおばちゃん(?)の配色と、感性の衝撃、最高です。

コメント投稿
季節が伝わる
Exif情報
メーカー名 OLYMPUS CORPORATION
機種名 E-M1MarkII
ソフトウェア OLYMPUS Viewer 3 2.3W
レンズ LEICA DG 10-25/F1.7
焦点距離 13mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/800sec.
絞り値 F4.0
露出補正値 +0.0
測光モード
ISO感度 200
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 3200x2400 (3,717KB)
撮影日時 2019-11-02 17:14:47 +0900

1   Ekio   19/11/07 07:24

南湖公園、イチョウは数少ないのですが立派な枝振りが目立ちました。
並んだ樹の日当たりの関係だと思いますが、グラデーションが綺麗です。

2   エゾメバル   19/11/07 14:31

すっかり黄色に色づいた樹と緑から黄色に変わりかけて樹の組み合わせ
とグラデーションが青い背景の中で綺麗ですね。
空を白飛びさせないでこの色を出すのは難しそうですが・・・

3   CAPA   19/11/07 23:46

黄葉と緑葉が相並ぶ場面をうまく捉えましたね。
光の当たり方がよい、光の使い方がうまいということで、
明暗の効いた黄色・緑色の取り合わせがすてきです。

4   ペン太   19/11/08 06:17

隣り合ったイチョウでも
 これだけ黄葉の進み具合が違うんですね。
抜けるような青空を背景に 黄葉とのコントラストが鮮やかです。

5   Ekio   19/11/08 20:57

エゾメバルさん、ありがとうございます。
>空を白飛びさせないでこの色を出すのは難しそうですが・・・
白バックがお得意のEkioですが、せっかく晴れた空なのでどうしても青さを出したくて太陽の位置が良くなる時間を見計らって撮影しました。

CAPAさん、ありがとうございます。
最初は見事な黄色の方を主体に考えていたのですが、見上げて見ていると緑の色合いを含めての構図が良いかなと狙ってみました。

ペン太さん、ありがとうございます。
>これだけ黄葉の進み具合が違うんですね。
不思議ですよね。それぞれの個性といいますか、何年も何十年も続いて来たのでしょうね。

コメント投稿