キヤノンデジカメ写真掲示板

キヤノン製デジタルカメラで撮影した写真を投稿する掲示板です。

1:ダイモンジ草1 2:「ゲージツの森」の紅葉4 3:かつら・かな3 4:赤い花3 5:光を味方につける ~地上の女神(妹)~6 6:光を味方につける ~光のシャワー・strong step~7 7:広島市植物公園のイルミ(2018)5 8:実はツリーを地面に描いていた植物公園イルミ20183 9:ピクチャースタイル・トワイライト3 10:小さめのダリア3 11:カリガネソウ3 12:ガウラ(白蝶草)4 13:ポーチュラカUP4 14:花の上の蟻3 15:イルミ冬物語20181 16:縁取り付きのドレス3 17: ご飯茶碗のように7 18: 名物ビルも肩身が狭くなってきました4 19: Vessel4 20: 秋の薔薇2 21: 特攻花(天人菊)UP1 22: 秋の蝶3 23: オーバードライヴ!6 24: 清水美加8 25: 試し撮り 番外編4 26: Chattanooga Choo Choo3 27: ブルックリン橋3 28: Rafting3 29: 実りの秋2 30: 試し撮り 310 31: シグマ 20193 32: タムロン 20173   
  写真一覧
写真投稿

ダイモンジ草
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 Canon EOS 5D Mark IV
ソフトウェア Digital Photo Professional
レンズ EF180mm f/3.5L Macro USM
焦点距離 180mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/32sec.
絞り値 F5.0
露出補正値 -1.0
測光モード スポット測光
ISO感度 200
ホワイトバランス 太陽光
フラッシュ なし
サイズ 3000x2000 (1,524KB)
撮影日時 2019-10-15 21:37:11 +0900

1   F.344   19/10/22 14:02

渓流を絡めたダイモンジ草を撮りたい
と思っても水際には残っていない
仕方なく注ぎ込む流れに咲く花を狙ってみました

コメント投稿
「ゲージツの森」の紅葉
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 Canon EOS 70D
ソフトウェア Digital Photo Professional
レンズ 14-20mm
焦点距離 14mm
露出制御モード マニュアル
シャッタースピード 1/1024sec.
絞り値 F2.5
露出補正値 +0.0
測光モード 分割測光
ISO感度 100
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 2000x3000 (6,902KB)
撮影日時 2018-11-10 18:38:17 +0900

1   S9000   19/10/21 21:04

 広島市立中央図書館、広島市立美術館の周辺はうっそうとした木立の並ぶ森となっていて、紅葉シーズンは見事な色づきです。
 私は課ってに「ゲージツの森」と呼んでます。(毎年変わる、ぶは)

 この一枚では、露出プラス0.17で、ホワイトバランスは日陰、ピクチャースタイルは「紅葉」で、色づきを強調しています。
 レンズはトキナー14-20mm F2、福引レンズ!
 広角レンズは上下方向に延びがあるので、女性を脚長に映すため、シグシグ135mmとは別の意味で、女性に喜ばれてデータ提供を希望されることがあります。うんうん。

2   yama   19/10/22 07:50

広島市立中央図書館、広島市立美術館よく行きました。
紅葉の季節でなかったのが残念ですが、S9000 さんの写真で紅葉のすばらしいす景色が蘇ってきました。
光を取り入れた構図が勉強になりました。


3   S9000   19/10/22 09:01

yamaさん、おはようございます。コメントありがとうございます(*^^*)

 こちらにおいででしたか、この周囲の緑は、季節を問わずいやされますね。朝、カメラをもって、(半ば健康のため)散歩がてら撮影したときの一枚でした。
 今年はなんとなく、紅葉が去年より早いような気がしています。

4   F.344   19/10/22 13:53

今年の紅葉は少し遅れて進んでいるようですね
寒くなるのも辛いが美しい紅葉も見たいですね

コメント投稿
かつら・かな
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 Canon EOS RP
ソフトウェア Digital Photo Professional
レンズ
焦点距離 30mm
露出制御モード ノーマルプログラム
シャッタースピード 1/166sec.
絞り値 F4.0
露出補正値 -0.3
測光モード 部分測光
ISO感度 200
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 2804x2574 (6,455KB)
撮影日時 2019-10-20 20:28:05 +0900

1   yama   19/10/21 19:13

散歩の途中で見かけた珍しい木を撮ってみました。

2   S9000   19/10/21 22:44

 これは、まるでそのままゆるキャラになりそうな、素敵な方。
 ちょうど中央の暗いところに顔があるようで(笑)

 すばらしい着眼点ですね、大拍手です。

3   F.344   19/10/22 13:50

どんどん大きくなって行くのでしょうか
この種は手直し程度のカットしか方法は無いのですかね・・・

コメント投稿
赤い花
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 Canon EOS 7D
ソフトウェア
レンズ EF100mm f/2.8 Macro
焦点距離 100mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/256sec.
絞り値 F2.8
露出補正値 -0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 100
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 5184x3456 (5,390KB)
撮影日時 2019-10-20 16:56:42 +0900

1   youzaki   19/10/21 01:38

ガザニアと思いますが?
少し重いのを手持ちで接写しました。
JPG撮って出しです。

2   yama   19/10/21 10:40

おはようございます。
素敵な赤の表現ですね。
私も思いカメラが苦痛になり買い換えましたが、ミラーレスカメラは重厚感がなく又電子ファインダーは自然の景色と違い違和感が私にはあります。
軽くて気軽に楽しむには重宝されます。

3   F.344   19/10/22 13:44

不規則とでも言うのか花びらが円を作る
特徴的な花で背景と馴染んできますね

コメント投稿
光を味方につける ~地上の女神(妹)~
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 Canon EOS 70D
ソフトウェア Digital Photo Professional
レンズ 135mm F1.8 DG HSM | Art 017
焦点距離 135mm
露出制御モード マニュアル
シャッタースピード 1/790sec.
絞り値 F2.8
露出補正値 +0.0
測光モード 分割測光
ISO感度 200
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 1971x3504 (5,740KB)
撮影日時 2018-04-30 00:34:55 +0900

1   S9000   19/10/21 22:15

 旧題「その身に光をまとう人」。
 ホワイトバランスはオート、ピクチャースタイルはディテール重視、個別色補正をレッド、オレンジ、グリーン、マゼンタを少しずつ動かしています。
 私の小細工はむしろ阻害要素かもしれませんが、そういったことをもはや問題にしないほどの美しい方で、まさに「地上の女神」の妹さん、というところ。

 これ紅葉じゃないですね、yamaさんごめんなさい。

 135mmという焦点距離は、どうやら「その女性が主人公であり頂点であり女神である世界」を演出してくれるらしく、肌の描写とあわせて、そこがお喜びいただく点なのかもしれません。
 今月号のデジタルカメラマガジンで、超美人モデル、川村海乃さんを、魚住誠一さんがα7R4+FE135mmF1.8の開放で撮影されていますが、それはさすがに息をのむばかりの一枚です。
 その川村海乃さんにも、一歩も譲らないほどの美しい方でした、この「女神妹」さん。少し、肌のコンディションがよくないことを気にされる様子でしたので、このように。あまりにも肌が白いため、腕が少し色かぶりしていて、多少補正しています。 

2   kusanagi   19/10/21 23:43

これっ、見事な発色ですよ。こんな色が出るレンズなんですね。(ちょっと、コーフン)
藤色、緑色、髪の色、服の色、そして肌の色か。全てがリアルで本物に近いです。と言っても本物
を見てないんだけど。(^^ゞ
なーるほど、S9000さんが夢中なる、いえ、被写体女性が色めき立つのも無理はないかなって思い
ます。
レンズのヌケの良さっていうのは純正のほうが良いって何ども自分で書いているんですけど、しかし
実際に眼で見た印象としては、シグマの方がリアルに近いって自分では感じてます。
参考までにニコンの35ミリナノクリスタルコートのレンズを使ってみたんですけど、表現がオーバー
過ぎるんですね。コントラストは強く出て、それが返ってリアルには感じないんです。キヤノン純正は
どうなのかは知りませんが、多分よく似た印象になるんじゃないかって思います。

タムロンの35ミリF1.4はシグマをモデルにしているアートタイプの最新レンズなんてすが、作例をネット
で見る限りは、色がやはりガサツに感じます。シグマのもつシットリ感が乏しいですから。
そんなわけで、私に合ってるというか、自分が見て実物に実際の光景にもっとも近い描写をするのは
シグマ・アートレンズになるんじゃないかなって思うのですよ。そういう結論に今は達してます。
最近は私としては、写真とは自分が実際に見た、その印象に限りなく近いのが自分の写真である。
と、いうように、かなり突き詰めれて来れているように感じるのです。自分の視神経のそのまんまの
記録としての写真画像です。それ以外の一切のものは要らないと。

このレンズ、ただ発色が良いというだけでなく、その色を浮き出させるグラデーションが素晴らしいと
思うのです。グラデーションという言葉は、ボケっていう汚い感じの日本語を使いたくないからなんです
けど、ボケーッと言うともっと汚いし、ボゥケェ、ボゥケーっていうとちょっと違うかねぇ。(^^ゞ
いや、とにかくグラデーションでいいんだわ。
そのグラデーションが、より良く色を浮き立たせているというイメージがありますね。

ところで、ご承知のように135ミリをD70で使うと、本来のフルサイズレンズの画角ではなくなります。
やはりこのレンズはフルサイズカメラで使ってみてこそ本当の画角を堪能できるのかもしれません。
216ミリくらいに画角的にはなるんですかね。これってかなり長いです。私としてはポートレートは
200ミリを切りたいなあっていう気がしないでもないですね。
こんなことを書くと、君っ、イオス・フルサイズカメラを買ったら?っていう意味じゃないですからね。
危ないあぶないです。(^^ゞ
本当はこうなのです。135ミリフルサイズで撮ったんだけど、これはトリミングしているだけなのだと。
実はこのトリミング、いやフレーミングがコツなのであって、少しアップで撮ってる。というのが女性には
好まれるんですね。このアップというのは私を注目してくれている。ということですから。
とにかくレンズミリ数は、画角とは関係なしに絶対焦点距離感覚であるのは間違いありません。
しかしそんな小細工を無視できるほど、このレンズは素晴らしく、多くの女性の味方であろうかと感じ
ますね。

絞り値はF2.8。適切かと思います。露出はマニュアル、これも肌色を出すには露出が騒がないほうが
いいので適切。保険で露出ブラケットをしても良いかもしれない。フジの花が女神に添えられていて、
にくい演出です。
ピクチャースタイル、デティール重視というのはノイズを最低限に。という意味ですかね。女性は肌の
荒れをとても気にします。肌に関しては自然なナチュラルな描写が望ましいですから。

考えてみると、スマホにしても昨今のデジカメにしてもオーバーな表現や発色になっていて、それで
多くの女性は潜在的に今のカメラに不満を持っているんじゃないですかね。そういう時に最高度の
ナンパレンズを引っさげてS9000さんか登場した。これで若い女性が騒がないほうが無理というもの
です。
本来、女性は美しいのだけど、これまではカメラやレンズがそれを阻害していた。そういうことじゃない
ですか。

3   こんな感じで。。。   19/10/22 08:45

連発のkusanagiだが、こんな感じのオッサンに すっかり有頂天な
S9000000、みんなの板なんだからさ いい加減に目を覚ませよ‼️
ますます図に乗るばかりダ。コメントお断りなんて勇気は、ないの
カネ。常連さんが迷惑こうむっているの分かりそうなもんだが。
S9000000がしばらく休憩ってことにすれば良いのでは?
いや、板を変えて二人三脚する事で解決しそうだ。これが一番⁉️
差し詰め空いている板はネイチャー板なんかどうだ⁇

4   yama   19/10/22 09:08

おはようございます。
お二人の写真撮影の技術等参考になります。
Pモード・Mモード・AVモード・カメラ任せのオート等で撮影して後でレタッチで調整するのでは写真撮影の基本から逸脱するのでしょうか。

5   S9000   19/10/22 09:14

 こちらにもありがとうございます、皆さん。

>kusanagiさん
 コーフンいただき感謝です(笑)ところでお友だちがおいでのようですよ、いいですね(激爆)
 ディテール重視は、ノイズのことまでは考えていなかったです、見た目での判断でした。絞りは、この前後を見ると、玉ボケや明るさを考えて、ちょこまか変えていたようです。
 このレンズの描写が、女性に好まれるのは確かなようで、それが他のレンズと違うようです。もともとポートレート用に製作されているので、そうなのかもしれません。撮影結果からそう思うところですが、コーティングその他については私は無知でして、正直、わからないですが・・・

>こんな感じで。。。さん
 切実ですね。でもあなた、常連さんじゃなくて、他の板の住人さんですよね。他のサイトでもご一緒させていただいており、よくよく存じ上げております(*^^*)
 ところで私は以前は複数の板に投稿していましたが、1年半ほど前から、キヤノン板に限定することにしましたので、おさそいはお気持ちだけいただいておきます。
 すっかり有頂天とおっしゃってますが、私はペースを変えていないです。このシリーズもkusanagiさんご登場以前からのものですね。コメントをいただけばお話もしますし、今のところ、いただいている内容は写真表現に沿った意見交換だと理解しています。
 私はあなたと特別に仲良く交流しているわけではありませんが、敵対する立場でもないと思っています。お気づきの点があればご意見いただくのはかまいませんよ。

6   S9000   19/10/22 09:23

 あ、yamaさん、失礼しました。書き込み中にコメントいただいていました。
 カメラ任せモード、その後のレタッチも撮影技法の一環だと思いますし、yamaさんは必要に応じて露出補正も加えておられるので、カメラ任せではないと思いますよ(*^^*)
 以前、写真を教わった先生の一人に、撮影の現場で絞りやシャッター速度を具体的な数字で指示する方がおられました。最初はそれに沿って見ていたのですが、その人の好みがかなり反映されているのと、それぞれの機材の性質も違うので、少しずつ変えるようにして、最終的には「はいわかりました」で全くオリジナルに設定するように・・・
 プログラムオートでカメラが設定した絞りやSSと撮影結果を見比べていて、こんな感じかと判断するのも有益なように思います。

コメント投稿
光を味方につける ~光のシャワー・strong step~
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 Canon EOS 70D
ソフトウェア Digital Photo Professional
レンズ 180mm
焦点距離 180mm
露出制御モード マニュアル
シャッタースピード 1/256sec.
絞り値 F2.8
露出補正値 +0.0
測光モード 分割測光
ISO感度 100
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 2000x3000 (5,507KB)
撮影日時 2017-11-12 20:01:03 +0900

1   S9000   19/10/20 15:58

 「サイド光は男の花道」とよく似た演出ですが、時間帯的にこちらはトップライト。また、「Eternal steps」と同じく、曲線の園路を歩む女性(カーブ逆ですが)。そしてレンズはシグシグ180mmマクロ。
 元本データが残っていませんが、おそらくホワイトバランス太陽光、ピクチャースタイル「紅葉」だと思います。(たぶん)
 11月では正午前後でも、それほど厳しい光が降ってこないのですが、紅葉を透過して輝かせるのには十分な力がある、の図。

 「男の花道」は、前方の闇へ向かう男性の後姿によって、困難に立ち向かう意志力のようなものを表現していますが、こちらの「光のシャワー」は、カーブの先に光明を配置して、明るい未来を暗示する演出としています・・・が、「腹減った」大王がそんなことを考えていたとはとても思えないですな、ははは、時間帯からしても。
 もちろん女性だって、日々、困難に立ち向かってますね、自らの意志の力によって。しなやかだが、がっちりとしたこの女性の足取りが強く印象に残ったことは覚えています。
 

3   youzaki   19/10/20 21:06

今晩は
奥深さを感じる感性の高い作品ですね・・
プロ表現したような作品に拍手させて頂きます。

4   S9000   19/10/20 21:43

皆様こんばんは、コメントありがとうございます。

>yamaさん
 この場にいらしたなら、EOS RP + 50mmでyamaさんもご自身ならではの一枚を撮影されたと思いますよ(*^^*)
 リアル世界で写友さんたちには、こうした後姿写真はあまり評価されませんで、「変わっている」「奇をてらっている」と言われているので、「と、いうことなら(少なくともここでは)陳腐化していないということだな」と理解して、よく使う流法としています。

>youzakiさん
 奥深さとはありがたいお言葉!カーブした園路と並木、人物の後姿は、大好物な図式で、頻繁に使ってます。紅葉でも新緑でも桜でもコスモスでも(笑)

5   S9000   19/10/20 21:56

 さて、直接関係ない話ですが、私、絵が苦手で、美術の授業が苦痛でした。とにかく描けない。そうすると、先生が「描けなくても鑑賞することはできる、鑑賞して感じたことがあれば、ヒントになって変わってくるだろう」という意味のことを言われて、ひたすら絵画を眺めたことがあります。
 結局、描いて先生に多少なりとも褒められた絵は、真っ黒に塗った背景に、白、青、赤などの絵の具をブラシをはじいて散らして、宇宙を表現したものでした。これは、確かアニメ映画からヒントを得て、漫画やセル画の作成で使われている方法を参考にしたものだったように覚えています。
 この美術のオハナシは中学生時代のことで、高校時代に演劇舞台の照明を手伝う際に「銀河鉄道999」のワンシーンを参考にした効果を考えた経験が合流して、先日の「美女シルエットと夕焼けグラデと星空ぽつぽつ」(タイトルもう少し何とかならんかったのかな)https://photoxp.jp/pictures/203528につながっているような気がします。
 で、一連の後姿シリーズは、明らかに、ピュリッア賞の「Serious Steps」(ケネディ大統領とアイゼンハワー元大統領のシンクロした後姿)から影響を受けていますね。
 この前の「子供の科学」写真コンテストの話といい、自分の写真関係のルーツを整理するのは楽しいことです。ただ、こんがらがっている系統や、ミッシングリンク、前後関係が記憶の中で狂っているものもたくさんあって、自分にとって都合よく記憶が改謬されているなと思うこともしばしばです。

 

6   kusanagi   19/10/20 22:44

タムロン
https://photoxp.jp/pictures/204104/gallery
ふたつを比較すると、画像処理は全て脇に置いといて、ヌケの良さはタムロン。しかし発色が
やはり単純。(だからイルミを撮る分にはいい) 
シグマはややヌケが悪いが発色に存在感があります。
これは中間色が豊富に出ているからでしょう。これが最新の純正レンズだともっとヌケが良くて
且つ発色も良い。ということになりそうです。
シグマ。純正をカモる抜群の解像力を誇りながらやや色がベターっとしてヌケ、つまりコントラスト
が乏しいのですけど、最新の35ミリf1.2だと大分良くなってきているようです。
https://www.youtube.com/watch?time_continue=2831&v=0Izlau9RvUA
※もっともズームレンズと単レンズを比較してもしようがないんですけどね。S9000さん。タムロン
の望遠マクロはお持ちですか。

7   S9000   19/10/21 21:50

 私はシグマ180mmマクロを購入したとき、masaさんの作例を見てほしい!と思ったので、ほとんど他社製品との比較をしていないのです。とはいえ、さすがにタムロンにも同じ規格があるのか?と思って、調べてはみたところ、かなり古い世代のレンズということがわかって、選択肢にはなりえませんでした。

 それにしても180mmマクロを、先に購入したのはよかったですね、135mmも70-200mmも「軽量レンズ」に感じるので。あははは。

 シグマ180mmでも女性を撮影するのですが、喜んではいただけるものの、135mmのような興奮はないようです。やはり肌の表現に違いがあるのかもしれません。

コメント投稿
広島市植物公園のイルミ(2018)
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 Canon EOS 70D
ソフトウェア Digital Photo Professional
レンズ 14-20mm
焦点距離 14mm
露出制御モード マニュアル
シャッタースピード 1/128sec.
絞り値 F2.3
露出補正値 +0.0
測光モード 分割測光
ISO感度 400
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 3000x1831 (3,729KB)
撮影日時 2018-12-23 05:23:10 +0900

1   S9000   19/10/20 15:28

 左右上段の星は、ワイヤーで吊られています。コピースタンプにあらず。
 広島市植物公園、昨年冬のイルミネーションイベント。なかなか盛大です。広島近隣では、市内のドリミネーション、庄原の備北丘陵公園などが盛大なイルミネーションですが、前者は道路の緑地帯ということで広がりを表現するのが難しく、後者は冬の夜は少々遠く厳しい。ということで、三原市芸術文化センター同様、撮影の穴場・お助けスポットとなるのがこちら植物公園でした。
 芝生広場にイルミネーションを展開するため、工夫次第で広がりを表現することも可能と思います。

 イルミ(青系LED)をコバルトブルーに表現してくれる、ピクチャースタイル・ディテール重視を使用。服飾や空の青には影響がない(むしろくすむ)のに、なぜかLED光の青には作用する、不思議なオプション。本来は、静物(特に時計やメカなどのディテールを表現したいとき)に推奨されるもの、らしいです。

2   yama   19/10/20 17:11

見事な「光の玉手箱やーーー」でね。
何十年前に神戸ルミナリエに行った時の感動が今でも忘れません。https://sp.jorudan.co.jp/illumi/spot_0178.html

3   S9000   19/10/20 22:22

 お、「玉手箱」、いいですね。玉手箱といいパンドラの箱といい、イメージが連鎖して広がっていくのは楽しいです。
「光の玉手箱」は、武雄市で昨年行われたチームラボが演出したイベントで、本当にそのイメージが表現されているようです。
https://letronc-m.com/52990
 知らなかった。yamaさん、これご存知でしたのん?

 神戸のルミナリエは、このサイトでもよく投稿を見ましたが、規模が圧倒的ですね。広島のドリミネーションや、植物公園なども盛んになってきているものの、スケールではかないません。
 しかしルミナリエは資金的に苦しくなってきていて、規模や日程が縮小傾向にあるとかで、心配です。開催時期は何かと忙しくて、とても行けそうにないですが、定年を迎えてもまだやっていたら、ぜひ撮影にいきたいものです。

4   kusanagi   19/10/20 22:46

ピクチャースタイルを縦横無尽にお使いのS9000さん。既に玉手箱は我が手中にあり!って感じに
なってますね。(^^ゞ
ところでピクチャースタイルも代を重ねているんですが、使い勝手は旧バージョンからの操作法など
は踏襲されているんですかね。

5   S9000   19/10/21 21:29

 明日がきた♪明日がきた明日がきいいたああ♪
 ということでコメントの続きです(笑)

 ピクチャースタイルも代を重ね、DPPも3から4に大きく変わっているのですが、ピクチャースタイルエディターで設定内容を変更することなどをほとんどやっていないため、例えば「スタンダードが昔と比べて変わったか」ということについては、あまり感想はないです。
 だんだん増えてきているスタイルの中では、「ディテール重視」をよく使うのですが、これはEOS 5Dsあたりから登場したようで、実は70Dは対応していないはず・・・なのですが、なぜか使用可能です。「LEDの青が転ぶ」というのは、もしかすると効果ではなくエラーなのかもしれません。が、気に入っていると。

 DPP3から4へ変わった時点で、ネット上の篤志家方が作成、公開されていたオリジナルのピクチャースタイルが使用不能になったものがかなりあります。かつてのフィルム名を冠したピクチャースタイルは、ときにドラスティックな表現を加えてくれますが、いささか彩度がすぎるようでもあります。
 ピクチャースタイルは好んで使用するのですが、その内容についてはこのくらいしか知りえていないです、いずれ暇ができたときにエディターで遊んでみるのもよいかも。ただ、DPP4で個別調整するほうが、細かくできるように思います。ピクチャースタイルは、おおざっぱな方向ヅケをしてくれるので、そこで十分満足できる場合はあまりその先に進まないほうがよいのかも。ここはよくわかりませんな。

コメント投稿
実はツリーを地面に描いていた植物公園イルミ2018
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 Canon EOS 70D
ソフトウェア Digital Photo Professional
レンズ TAMRON SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2 A025
焦点距離 70mm
露出制御モード マニュアル
シャッタースピード 1/49sec.
絞り値 F2.8
露出補正値 +0.0
測光モード 分割測光
ISO感度 400
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 3000x2000 (5,086KB)
撮影日時 2018-12-23 05:16:30 +0900

1   S9000   19/10/20 22:56

 いわば「光の田んぼアート」みたいなもので、簡易な測量で、ツリーアートを構成するためのポイントをプロットしていると思います。(田んぼアートはかなり精密な測量が必要で、かつ植え付け育成も緻密に気を配っているはず)
 
 このツリーを俯瞰して眺めるための仮設展望台が用意されていました。そこは大賑わい。
 イルミネーションを撮影するとき、低感度で絞って、長いSSにして、人物を消してしまうこともできると思いますが、人のいないイルミネーションは楽しくなく、私は、人物によってイルミが影になったとしてもそのほうが賑わいが表現できてよいと考えています。

 そんな姑息なことよりも、異国の地でクリスマスを祝う外国のお客様方が喜んでいる様子が見えて、見ているこちらも喜ばしいものでした。
 この「花と光のページェント」は、今年も11月23日から12月22日まで行われます。そうか、今年は12月23日が祝日ではないのだ・・

 この土日、何枚か投稿したので、ペース調整で明日はお休みします。おやすみなさい。

2   yama   19/10/21 13:34

こんにちは。
お仕事をされているようで平日は写真撮影は困難でしょうから過去の写真で季節に合った紅葉写真の投稿をお待ちしています。
PhotoXPは投稿者が少なくペース調整は不要かと思います。

3   S9000   19/10/21 20:43

こんばんは~コメントありがとうございます(*^^*)
それはそれはうれしい激励のお言葉。
「yamaさんのお言いつけには忠実であれ」

 少しずつ整理しながらの投稿になるので、その意味でもペース調整は必要ですが、そこはネジを巻いて投稿しますね、紅葉をご希望ですね、ではでは。

コメント投稿
ピクチャースタイル・トワイライト
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 Canon EOS 70D
ソフトウェア Digital Photo Professional
レンズ TAMRON SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2 A025
焦点距離 70mm
露出制御モード マニュアル
シャッタースピード 1/395sec.
絞り値 F2.8
露出補正値 +0.0
測光モード 分割測光
ISO感度 100
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 2000x3000 (5,937KB)
撮影日時 2019-01-20 02:14:44 +0900

1   S9000   19/10/19 10:30

 三原市芸術文化センター「ポポロ」の冬季イルミネーション。
 そろそろイルミネーションの季節も近づいていますね。仕事がはけたら、徒歩圏内のイルミネーションを撮影しまくろう、の季節。
 ここではホワイトバランスは日陰、ピクチャースタイルはトワイライト。そしてオートライティングオプティマッツアは効き目小さめでかけています。色相、シャープネスなどは特に操作せず。
 PS「トワイライト」は、日の出や日没前後の微妙なグラデーションの空の色、その色の変化を大胆に紫色に変化させ、写真全体の仕上がりをファンタジックに仕上げることができる、のだそうです。
 が、実際に使ってみると、日没後の空に色がしっかり残っている状況だと、破綻的な仕上がりになるため、まだ明るくて淡いクリーム色くらいの状況で使うことで、いい感じになるようです。
 ということで、PSの中では「クリアー」と並んで、使う場合が限定されるようです。

 そういった写真調整のオハナシの一方で、2018年から2019年にかけてのイルミネーションシーズンは、宇多田ヒカルさんの曲「あなた」のイメージを写真化してみようキャンペーン月間でした。
 要は、子どもたち(自分の子供に限らず広くこれからの世代)に見せたい景色(絶景とは限らずに)を写真で表現しよう、の図。
 これもその一枚でしたが、なかなか難しい。

(以下、歌詞抄出)
あなたと歩む世界は息を飲むほど美しいんだ
人寄せぬ荒野の真ん中私の手を握り返したあなた
~あなた~ より
作詞 Hikaru Utada
作曲 Hikaru Utada
歌唱 宇多田ヒカル

 なにかとイルミ撮影に重宝する、タムタム70-200mm。この日は単独行動なので私が自由に使ってました。

2   kusanagi   19/10/20 22:43

宇多田ヒカル「あなた」
https://www.youtube.com/watch?v=B25tW3A2HPM
この映像、クラシックシネレンズでの撮影ですね。今流行の。ノーコーテイングレンズですので
盛大にフレアやハレーションが出るのが特徴。それを表現に活かしたいというやつです。
シグマはそういうクラシックシネレンズをリリースしてます。スチル版が欲しいと思うのは私だけでは
ないでしょう。
さて、ところで宇多田さんは確かに歌が上手いです。
ところがこれを普通の人が真似ると・・
https://www.youtube.com/watch?v=hX9DcaAFtig
こういうことになって日本語と日本的感性は支離滅裂となるようです。

柄木孝志さんの写真、素晴らしいですね。大山でもこんなに積雪があるんだと改めて認識。
人には愛国心と同様に愛郷心が必用です。生まれたところ、育ったところ、そして今住んでいるところ。
これらを大事にしなければ人は正常な心や心身を保つことができません。それは絶対的なものたと
言ってよいでしょう。

ついてだから地元の昔の大御所の紹介も。
緑川洋一
https://www2.nhk.or.jp/archives/jinbutsu/detail.cgi?das_id=D0016010420_00000
http://www.city.okayama.jp/museum/midorikawa/index.html
私はあまり知らないのですが、若いころの私の師匠とも言える方が、この緑川氏の弟子でした。
もっとも我が師匠は(目上人間にもタメクチの私から言えば同士かな^^ゞ)、ユージンスミスに傾向
していて、それは私と同じだったので、写真は芸術的な作風というのではなかったです。しかし我が
郷土を写真にしたためようということでは師匠はまぎれもなく緑川の弟子だったと言えるでしょう。

今にして言えば若い時の私は社会派思想のアマチュア写真家だったことになりそうです。今の時代
からすれば想像できないですよね。(^^ゞ 今の写真の潮流は美学一辺倒ですから。
まあ大昔の話をしてしまいました。

ところでS9000さんは望遠レンズがメインで、広角も標準レンズを使いませんね。135ミリの1.6倍だ
なんて200ミリ望遠の世界です。私が思うにレンズの画角というのは、やはり意味があるように思い
ます。
最近購入した40ミリレンズ、シグマでは1.3倍で53ミリの標準レンズとなります。日頃から広角が
メインの私としては戸惑うことしきり。しかし昔は50ミリ1本で何でも撮っていたじゃないか、ということ
で返って新鮮な気持ちで撮影に望むことができるようになりました。
それで思うに、標準も含めて望遠レンズというのは、極めて個人的な視点で物事を見るようになる
んですね。パーソナルな視点、というよりもインディビデュアルという感じです。世の中のこと、社会の
こと、自然世界のことなど、オイラにはあまり関係がないよねって、いう感じかな。
あくまでも私の、オイラの視点で終止するというイメージが付きまといます。
(標準レンズはパーソナル、家族写真だとこれ。望遠は個人のインディビデュアルって感じかも)

望遠と言っても、私の場合は300ミリ以上の望遠はけっこう使うのです。しかし標準から200ミリくらい
までがすっぽりと抜けていたよね、という気がしてます。そこのところの私が欠けていたミリ数を
縦横無尽に使いこなしているのがS9000さんでした。
よく広角レンズが苦手、という人がいるらしいですね。どう撮っていいのかわからないという。へぇー、
という気がするんですけど、自分の目の前にあるもんを全て写そうと思えば自然と、広角・超広角
レンズになるだろうと思うんですが、要するにそのような人は、もしかすれば裸眼でもごく一部しか
世界を見えていない、その光景を認識していないということなんじゃないかって想像してます。
けっこう世間を狭く見ているんだねっていう感じですかね。しかし考えてみると世の中の大部分の人
は、そういう狭められたインディビデュアルな視点で日々暮らしているんじゃないですかね。
そんな気がしてきたんですよ。しかしながらその部分にこそ、個人の幸福感というのはあるんじゃ
ないかって思えるようになってます。

とにかくレンズのミリ数、画角というのは面白いです。
とくにストリートポートレートを撮る場合はレンズミリ数(画角)が被写体人物との間の距離と密接な
関係があるわけでして、私の場合も以前にイベントや祭りの写真を撮っていた頃は、70-200ミリで
ほとんど撮ってましたからね。
特に70ミリというのはフルサイズカメラで、裸眼とファインダー視の両眼視ができるので好きでした。
一人の人物を撮る、ということに関しては準望遠から200ミリあたりが最適であって、そこから被写体
個人のインディビデュアルな幸福感を写真に収めることができるんでしょう。

3   S9000   19/10/20 23:28

 わんばんこー。でももう寝るよー。面倒な話はまた明日にしよう。
 明日がある明日がある明日があるさ~♪

>さて、ところで宇多田さんは確かに歌が上手いです。
 ところがこれを普通の人が真似ると・・ 
 
 宇多田ヒカルさんの「あなた」はメロディーの抑揚が呪文やお経に通じるところがあって、そう簡単には真似られないと思うのですが、勇敢にもカバーしたアーティストさんもいます。それだけの魅力がある曲ですが、歌唱力でカバー(ん?)できる曲ではないような気がします。
 この曲は映画「DESTINY 鎌倉物語」の主題歌としても制作されているので、その映画も鑑賞して世界観を楽しんでみてください。
 
 緑川洋一氏、一説には漫画「エースをねらえ!」の重要な登場人物(劇中、主人公の最後の対戦相手)「緑川蘭子」のネーミングの由来、と言われています。(言っているのは私だ、けけけけけけけ)
 冗談はともかく、牛窓から見た美しい海面の写真は、こちら広島でもよく知られていて、今年、忠海で撮影会に参加したとき、F.344さんクラスの熟達者の方が「緑川洋一氏のように撮りたいものだ」と言われ、そこで私は初めて知ったのですが(激爆)

 ところで甲殻、じゃなくて広角も使いますよ。相対的に頻度は低い。https://photoxp.jp/canon#204293 がそれ。広角はトキナーとシグマが手元にあるが、発色はトキナーが好み。去年の瀬戸田花火がトキナー、安芸高田花火がシグマ。結婚式撮影でトキナーは活躍してくれて、後光を浴びて新郎新婦が入場するシーンとか、きれいに撮れました。うんうん、もひとつおまけにうんうんうん。

コメント投稿
小さめのダリア
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 Canon EOS 7D
ソフトウェア
レンズ EF100mm f/2.8 Macro
焦点距離 100mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/166sec.
絞り値 F2.8
露出補正値 -0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 100
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 5184x3456 (5,205KB)
撮影日時 2019-10-20 16:57:18 +0900

1   youzaki   19/10/20 14:40

JPG撮って出しの画像です。
小さめのダリアの花を接写してみました。

2   S9000   19/10/20 16:06

 こんにちは。
 絵本で有名な、ポンポンダリアとはまた違う、かわいいダリアですね。

 今日はかみさんの仕事の研修会みたいなものがあって、送っていきがてら、縮景園で花、ないし花のような人を撮影しました。というわけで、拙者も接写しました(笑)

3   youzaki   19/10/20 21:16

S9000さん コメントありがとう御座います。
少し重いのが難ですがカメラとレンズ使い易いです。
このカメラ何回か落下させましたが壊れません。レンズは壊しました。
このカメラとレンズの撮ってだしの画像は好みです。

コメント投稿
カリガネソウ
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 Canon EOS 5D Mark IV
ソフトウェア Digital Photo Professional
レンズ EF180mm f/3.5L Macro USM
焦点距離 180mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/128sec.
絞り値 F4.0
露出補正値 +0.0
測光モード スポット測光
ISO感度 200
ホワイトバランス 太陽光
フラッシュ なし
サイズ 3000x2000 (1,170KB)
撮影日時 2019-10-17 20:17:59 +0900

1   F.344   19/10/17 17:55

昨年大幅に剪定したら
約1か月遅れで咲いてくれました

2   S9000   19/10/17 21:24

 この、背景の緑の濃淡と山吹色の玉ボケと、カリガネソウの花がうまく絡んだ様子がたまらないですね。
 漫画ネタで恐縮ですが、「山吹色(サンライトイエロー)の波紋疾走」に脳天を貫かれたような気分です。

3   F.344   19/10/20 20:27

S9000さん
コメントありがとうございます
花の伸び方が不自然になっていました
背景の黄色は寄せ植えの花の色を借りました

コメント投稿
ガウラ(白蝶草)
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 Canon EOS RP
ソフトウェア Digital Photo Professional
レンズ
焦点距離 50mm
露出制御モード ノーマルプログラム
シャッタースピード 1/790sec.
絞り値 F8.0
露出補正値 +0.3
測光モード 部分測光
ISO感度 200
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 1603x1182 (1,297KB)
撮影日時 2019-10-20 20:19:32 +0900

1   yama   19/10/20 13:10

散歩の途中で見かけた珍しい名前のガウラを、クロップで撮影してトリミングしてみました。

2   youzaki   19/10/20 14:36

白蝶草のUP良い写りしていますね・・
フルサイズのミラーレスカメラ少し気になり欲望が・・
しかし歳を考えれば無駄になりそうですね・・

3   S9000   19/10/20 16:11

 素晴らしい白が出ていますね。純潔シリーズ、感謝感激です。
 透明感のある白と、背景の緑、白の玉ボケが素敵です。EOS RPの電脳ノーマルプログラム、いい仕事してますね。おお、そして、露出補正プラス0.3!yamaさんの強い意志が作用した、素敵な一枚。

4   yama   19/10/20 17:04

S9000 さんコメントありがとうございます。
近くには雄大な被写体がなく恥ずかしい写真ばかりですが、S9000 さんの写真を見ながら楽しんで撮影しています。
今後もご指導宜しくお願いします。

コメント投稿
ポーチュラカUP
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 Canon EOS 7D
ソフトウェア Picasa
レンズ 90mm
焦点距離 90mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/2656sec.
絞り値 F2.8
露出補正値 -0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 100
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 3696x2767 (6,672KB)
撮影日時 2019-10-16 20:55:58 +0900

1   youzaki   19/10/19 20:38

黄色な小さい花を接写しました。
Lens Tamron 90mmF2 .8Macro

2   yama   19/10/20 09:23

おはようございます。
全てが素晴らしいの一言に尽きます。

3   youzaki   19/10/20 14:22

yamaさん コメントありがとう御座います。
20km離れた笠岡市太陽の広場、干拓にも足が延ばせなくなり、EOS家の周りの花を古いカメラレンズで遊んでいます。

4   yama   19/10/20 16:26

youzaki さんこんにちは。
笠岡市太陽の広場は自宅から5分で行けますが、干拓まで20キロと言えば近所に思えます。
私も遠出は最近は少なく散歩の途中で見かけた景色と花を撮るのが殆どです。
youzaki さんの素敵な写真を楽しみにしています。

コメント投稿
花の上の蟻
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 Canon EOS 7D
ソフトウェア Picasa
レンズ 90mm
焦点距離 90mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/790sec.
絞り値 F2.8
露出補正値 -0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 100
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 3484x2608 (7,076KB)
撮影日時 2019-10-16 20:50:59 +0900

1   youzaki   19/10/18 06:38

天人菊の上に小さな蟻が・・

2   S9000   19/10/19 08:47

おはようございます。マクロの世界!そして鮮やか!
 二日酔いでしたが、この一枚で目が覚めました。「二日酔いの朝はカラフルよりシック」を訂正してひっこめます・・・
 

3   youzaki   19/10/19 20:46

S900さん コメントありがとう御座います。
手持ちで接写しました。
年寄で緊張感が少ないのでストレスを得るためこの様なシーンを狙っています。

コメント投稿
イルミ冬物語2018
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 Canon EOS 70D
ソフトウェア Digital Photo Professional
レンズ 180mm
焦点距離 180mm
露出制御モード マニュアル
シャッタースピード 1/64sec.
絞り値 F2.8
露出補正値 +0.0
測光モード 分割測光
ISO感度 400
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 2000x3001 (3,420KB)
撮影日時 2018-12-23 04:31:14 +0900

1   S9000   19/10/19 11:30

 こちらも「宇多田ヒカルさん世界観再現キャンペーン(子供たちに見せたい景色)」の一枚。いやいや、脳内キャンペーンです、どこにもそんなものはありませんよ、念のため。
 広島市植物公園イルミネーションイベントにて。
 こちらは、ホワイトバランスを「くもり」で冷ややかな感じの色を暖かみのあるものに変え、ピクチャースタイルを「忠実設定」にして玉ボケがひとつひとつ見えるように。ピクチャースタイル「オート」ないし「ディテール重視」ではエメラルドグリーンがつぶれて塊になってしまうため、「忠実設定」。
 ・・・エメラルドだからといって、PS「エメラルド」をここで使うと、盛大に色飽和します。あれは、瀬戸内海の海の色を強調するときとかに有効。

 ALOはほとんど変化がないのですが、わずかに暗部がしまった印象となるため、ここでは「効き目:標準」で使用しています。

 で、ここでのレンズは、何かとハンディキャップも多い、シグシグ180mmマクロ。タムタム70-200mmは最大望遠で1/30でもきっちり止まる、「鋼鉄の手振れ補正王」ですが、シグシグは「俺はマクロレンズなんだよ、止めたきゃおめえが息と心臓止めてろよ、ボケ!」というふてぶてしい態度の手振れ補正ですので、この前後のカットで打率2割くらいでした。

コメント投稿
縁取り付きのドレス
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 Canon EOS 70D
ソフトウェア Digital Photo Professional
レンズ 135mm F1.8 DG HSM | Art 017
焦点距離 135mm
露出制御モード マニュアル
シャッタースピード 1/790sec.
絞り値 F2.5
露出補正値 +0.0
測光モード 分割測光
ISO感度 100
ホワイトバランス オート
フラッシュ なし
サイズ 2000x3000 (2,840KB)
撮影日時 2019-10-12 20:22:32 +0900

1   S9000   19/10/19 08:13

 引き続き、yamaさんの「純潔」から流れを受け継ぐの巻。
 今回もオート・オート。現場でモニターを確認してこんなもんだろうと判断して、持ち帰ってパソコン画面で見ると、思ったよりも色が残っていて安心した、というところです。
 ・・・二日酔いっす。うんうん。
 広島市植物公園、ベゴニア温室にて。

2   yama   19/10/19 09:33

おはようございます。
純潔から淡いピンクに染まった色気を感じます。
お酒が残っているようですね(笑)

3   S9000   19/10/19 10:44

 おはようございます、コメントありがとうございます(*^^*)
 おお、そうなのです、色気を表現したかった!のです(^^ゞ
 
 ・・・で、二日酔いです(笑)
 夢はつまり思い出のあとさき・・・・(井上陽水「少年時代」より)


コメント投稿