MakerNote研究所

1:高山植物の女王7 2:朝露に輝く妖精たち6 3:2750mの妖精6 4:てっぱく4 5:唐松岳頂上山荘5 6:まさに乗鞍6 7:ワクワクの入り口4 8:山頂の人々24 9:光りに包まれた山頂4 10:なつもよう5 11:山頂の人々_ペン太Ver5 12:銀竜草5 13:至福の時間5 14:キヌガサソウ6 15:燃え上がる夏・本番4 16:残焼にそまる世界4 17: お日さまが友だち4 18: 月と土星の接近8 19: 山頂の人々5 20: 線香花火の様な5 21: 気ままにぶらっと・・・4 22: Woody Line4 23: Sun Rises6 24: 暑い森の午餐6 25: ミヤマダイコンソウ6 26: 炭酸シュワーっと弾ける5 27: 夜明け前_2800m5 28: 風景に溶け込む5 29: 降り注ぐミストと光線6 30: 宇宙の彼方へ11 31: 山を見ながら飯を食う6 32: 横須賀港5      写真一覧
写真投稿

高山植物の女王
Exif情報
メーカー名 Canon
機種名 Canon EOS 5D Mark II
ソフトウェア Photoshop Lightroom 3.6 (Macintosh)
レンズ EF70-200mm f/2.8L USM
焦点距離 200mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/3200sec.
絞り値 F2.8
露出補正値 -0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 100
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 3500x2333 (4,362KB)
撮影日時 2019-08-03 22:34:14 +0900

1   MacG3   19/08/16 22:33

ここはコマクサ繋がりで。。。
乗鞍ほどの群生はありませんが、山荘近くの斜面に健気に咲いていました。
重かった200mmやっと使う機会が。。。

3   Ekio   19/08/17 08:28

MacもG3さん、おはようございます。
自分は高山植物のコマクサを見たことが無いこともあって、平地で時折見かけるタイツリソウとごちゃ混ぜになっている節があります(^^ゞ
高山ならではの植生が伺えるお写真ですね。

4   masa   19/08/17 18:40

Ekioさんが、タイツリソウとごちゃ混ぜに・・と仰ったので、ハッとして調べてみました。
そしたら、やはりコマクサもタイツリソウも同じDicentlra属(ケマンソウ属)でした!
十数種あるケマンソウ属の中で唯一の日本産がコマクサとのことでした。

5   ペン太   19/08/17 19:11

確かに若干色の濃さが違うかなって気もしますが
 ごろごろの岩場の中で良くぞ花を付けるものだと
自然の見せてくれる生命の力強さは変らず感じさせてくれますね。

6   Booth-K   19/08/18 02:03

朝の瑞々しさも良いですが、昼間の凛とした姿はより気品があって良いですね。浅いピントも、魅力を引き出してると感じます。

7   MacG3   19/08/18 11:10

コメントありがとうございます。
この花は外せません。
なんたって女王ですから。
淡いピンクって最高です。

コメント投稿
朝露に輝く妖精たち
Exif情報
メーカー名 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
機種名 PENTAX K-1 Mark II
ソフトウェア Photoshop Lightroom 6.14 (Windows)
レンズ Tamron SP AF 70-200mm F2.8 Di LD [IF] Macro
焦点距離 108mm
露出制御モード 不明(0)
シャッタースピード 1/250sec.
絞り値 F6.3
露出補正値 -0.7
測光モード 分割測光
ISO感度 100
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 3680x2456 (1,973KB)
撮影日時 2019-08-04 16:01:08 +0900

1   Booth-K   19/08/16 21:36

朝の日差しでのコマクサの輝き、ちょっと嬉しい光景でした。

2   masa   19/08/16 22:42

なぜこの花は、わざわざこんな荒れた砂礫地を選んで生きているのでしょう。
お花畑を形成する他の高山植物たちとは一味違う孤高の美を感じます。

3   Ekio   19/08/17 08:19

Booth-Kさん、おはようございます。
植物は自分が住む場所を選べないでしょうから大変ですよね。
あらためて環境の厳しさを感じさせてくれるお写真です。

4   MacG3   19/08/17 13:53

すごい群生ですね。
ここのコマクサは色が濃い!
これも保護してきた成果だと思いますね。
この光景がいつまでも続きますように。


5   ペン太   19/08/17 19:06

いかに険しい環境下で咲いているのかが
如実に判るお写真ですね。

朝露のキラキラ綺麗でしたね~。
 朝早くから出向いた・・・ご褒美ですね^^

6   Booth-K   19/08/18 01:57

こんばんは、コメントありがとうございます。
本当によくこんな過酷な場所に花を咲かせるんだろうと、不思議に思うこともありますね。
>ここのコマクサは色が濃い!
多分、朝露で濡れているのと、逆光のコントラストのためかと思います。
今年はお盆に休めなかったので、早めの夏休みがコマクサの時期と合っていたようです。

コメント投稿
2750mの妖精
Exif情報
メーカー名 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
機種名 PENTAX K-3
ソフトウェア Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)
レンズ
焦点距離 300mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/1000sec.
絞り値 F6.3
露出補正値 -0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 800
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 3000x1995 (2,834KB)
撮影日時 2019-08-04 15:57:44 +0900

1   ペン太   19/08/16 20:45

畳平が2700m
富士見岳が2800m、
 その間の登山道脇に咲いていたので
間を取って 2750mとしました。

荒涼たる岩場にあちこちに群生する
何とも逞しい高山植物です。

2   Booth-K   19/08/16 21:32

もう遅いかと思っていたら、意外に沢山咲いていて楽しめましたね。
下りは、花撮影に没頭して時間かけて降りてきて、落とした財布も気が付かないまま手元に戻りと、ラッキー、流石持ってるなと感心しました。(笑)
葉や花に付いた朝露の輝きが、あの時の空気感を思い出します。

3   masa   19/08/16 22:38

岩場にへばりつくように咲く妖精、真冬の地吹雪にも耐えて夏のほんのひと時だけ太陽の光を謳歌する様が健気ですねー。

4   Ekio   19/08/17 08:16

ペン太さん、おはようございます。
ふだん見慣れない花出来ると同時に、その健気さに魅せられます。
妖精を引き立てるバックの落とし方も素敵です。

5   MacG3   19/08/17 13:30

朝日に輝く朝露をまとったコマクサ、さすが女王の美しさです。
根っ子が2mとかあるようですね。
強風に晒されながらもこの地に根付く姿にか感動すら覚えます。

6   ペン太   19/08/17 19:04

皆さん コメントありがとうございます。

 良くぞ こんな岩場で群生として咲き誇っているものだと感心しました。
広角での群生も撮りましたが、 背景を暗く落とせる個体があったので
望遠での切取りのショットをアップしました。

>落とした財布も気が付かないまま手元に戻りと、ラッキー
いやはや、確かにラッキーでしたね~^^;
 あのまま気付かずに、出てこなかったら。。。と想うと
今更ながら冷や汗が出てきますwww

ホタル撮影時に沼にはまった事やら
 撮影に集中すると、 周りが見えなく成るようです(>_<)
今に始まった事ではないですが・・・・

コメント投稿
てっぱく
Exif情報
メーカー名 OLYMPUS CORPORATION
機種名 E-M1MarkII
ソフトウェア OLYMPUS Viewer 3 2.3W
レンズ LEICA DG NOCTICRON 42.5/F1.2
焦点距離 43mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/80sec.
絞り値 F2.0
露出補正値 -0.7
測光モード
ISO感度 1600
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 3200x2400 (1,603KB)
撮影日時 2019-08-15 21:19:19 +0900

1   Ekio   19/08/16 20:07

夏休みには人気の「てっぱく(鉄道博物館)」
ブルトレの牽引機(機関車)とかはマニア受けが良いのですが・・
子供受けするのは、やっぱりミニ列車や運転シミュレーターです。

2   ペン太   19/08/16 20:29

年齢のせいでしょうけど
 やはりこの頃の列車の姿を見ると
なんだか安心感  懐かしさ、色々な感情が湧き上がりますね。

鉄道ファンではなかったですが
 子供の頃に毎年夏に、本家(石川県松任市)に遊びに行くときに乗った
クリーム色のしらさぎ・・・・・しっかりと記憶に残っています。

3   Booth-K   19/08/16 21:24

特急というと、私のイメージではこの右側の車両でしょうか。
完成された形のようにも感じます。初代の新幹線ひかりもそうですが、何かいい形だと思います。

4   Ekio   19/08/17 07:58

ペン太さん、Booth-Kさん、ありがとうございます。
国鉄の時代にはいろいろと縛りがあったものの確固たる統一感がありました。
クリームに赤と言う「国鉄特急色」も懐かしい限りです。

コメント投稿
唐松岳頂上山荘
Exif情報
メーカー名 SIGMA
機種名 SIGMA DP2 Merrill
ソフトウェア Photoshop Lightroom 3.6 (Macintosh)
レンズ
焦点距離 30mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/250sec.
絞り値 F5.6
露出補正値 +0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 200
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 4704x3136 (12,343KB)
撮影日時 2019-08-03 21:32:28 +0900

1   MacG3   19/08/16 07:43

唐松岳山頂へ向かう途中から振り返って撮りました。
唐松岳は燕岳と同じくらい人気の山です。
1800mまでロープウェイやリフトで一気に上がれるのが大きいですね。


2   Ekio   19/08/16 19:57

MacもG3さん、こんばんは。
お写真を拝見していると「大変そう」「気持ち良さそう」、両方の気持ちが入って来ますね。
いかにも夏山らしい風景です。

3   ペン太   19/08/16 20:32

標高2690mの山小屋
 ベテラン登山者には、愉しみの場
経験の浅い登山者には生命線とも言える大切な存在ですね。

稜線から湧き上がる雲 真夏の景色です。

4   Booth-K   19/08/16 21:20

人も建物も自然に溶け込んだ風景、癒やされますね。
どことなく燕山荘の雰囲気にも似ている感じ。ご紹介された山々見ていると、行ってみたくなります。
旨いビールのために(笑)

5   MacG3   19/08/16 22:28

コメントありがとうございます。
はぁはぁ行ってる途中で休みながら撮りました。
撮ってる時は休んでいる時です。

コメント投稿
まさに乗鞍
Exif情報
メーカー名 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
機種名 PENTAX KP
ソフトウェア Photoshop Lightroom 6.14 (Windows)
レンズ HD PENTAX-DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR
焦点距離 85mm
露出制御モード 不明(0)
シャッタースピード 1/500sec.
絞り値 F10.0
露出補正値 -1.0
測光モード 分割測光
ISO感度 200
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 4512x3000 (3,703KB)
撮影日時 2019-08-04 15:09:35 +0900

1   Booth-K   19/08/16 00:49

鞍の形を、アリンコみたいに登っていく人が小さく見えます。
あそこからだと山頂はガスで少し霞んで見えるのかも?
登山者も、山らしい景色を堪能出来ているんじゃないかなと思います。

2   MacG3   19/08/16 07:49

さすが霊峰乗鞍岳です。
ガスを纏った姿が重厚で神々しいですね。
一度は登らないとあきまへんなぁ。

3   masa   19/08/16 12:29

乗鞍、学生時代の3月にスキー合宿で登ったきりです。
バリバリのサンクラスト状態の位ケ原を頂上から一気にスキーで冷泉小屋まで滑り降りました。



4   Ekio   19/08/16 19:48

Booth-Kさん、こんばんは。
ガスがかかっても存在感が凄いです。
なるほど「乗鞍」と言う名前の由来に納得出来る姿です。
登山は素人なので流石に登る機会は無いと思いますが、近場で眺めてみたいものです。

5   ペン太   19/08/16 20:35

富士見岳山頂から見ると
 ちょっと下の登山道まで下りて
少し歩いて 最後は頑張って登れば・・・
な~~んて思えちゃいますが(私ではないです。。。)
剣が峰 、直ぐ目の前に見えるけど
険しく遠く感じました。

 湧き上がり 流れる雲は 見ていて飽きなかったですね。

6   Booth-K   19/08/16 21:16

コメントありがとうございます。
見た目よりは、結構楽な山だと思います。息子は年長さんで上まで行きましたし。
中央茶色の蚕玉岳(こだまだけ) 2979mまで行くと、権現池が美しく見えて疲れもふっ飛び、標高差47mで山頂(3026m)かと思うと、ここで俄然皆さんパワーアップします。(笑)
GWくらいまで春スキーは楽しめますし(私は毎年走ってますが)、お勧めの場所です。

コメント投稿
ワクワクの入り口
Exif情報
メーカー名 OLYMPUS CORPORATION
機種名 E-M1MarkII
ソフトウェア OLYMPUS Viewer 3 2.3W
レンズ OLYMPUS M.12-40mm F2.8
焦点距離 12mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/2000sec.
絞り値 F2.8
露出補正値 +0.0
測光モード
ISO感度 200
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 2400x3200 (1,605KB)
撮影日時 2019-08-12 22:31:36 +0900

1   Ekio   19/08/15 19:54

京浜急行の特急(無料)用の車両ですが、運転席直後の席が鉄ちゃん御用達のかぶりつきシートです。
京急の小気味良い走りっぷりが素敵です。
アートフィルター「リーニュクレール」+「ホワイトエッジ」、軽くトリミングあり。

2   Booth-K   19/08/16 00:44

小さな子は、特に電車好きですから、夏休みは人気の最前列ですね。
いい思い出になるんでしょう!

3   MacG3   19/08/16 07:51

子供にとってはそれこそワクワクドキドキの瞬間でしょう。
大人だってそんな気分になりますから。
車窓から見る景色が心に残ることもあるでしょうね。

4   Ekio   19/08/16 19:37

Booth-Kさん、MacもG3さん、ありがとうございます。
夏休みに入ってレジャーで子供連れが増えるので、鉄ちゃん予備軍が一気に増えますね。

コメント投稿
山頂の人々2
Exif情報
メーカー名 Apple
機種名 iPhone 7
ソフトウェア Photoshop Lightroom 3.6 (Macintosh)
レンズ iPhone 7 back camera 3.99mm f/1.8
焦点距離 4.0mm
露出制御モード
シャッタースピード 1/6400sec.
絞り値 F1.8
露出補正値 +0.0
測光モード スポット測光
ISO感度 20
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 4000x886 (2,728KB)
撮影日時 2019-08-03 21:47:02 +0900

1   MacG3   19/08/15 10:37

予定より2時間以上遅れて唐松岳山頂に到着。
いかにもな感じの真夏の山岳風景ですが、やっぱり山は朝晩でしょう。

2   Ekio   19/08/15 19:42

MacもG3さん、こんばんは。
パノラマ仕立て、素敵なお写真ですね。
苦労してたどり着いた山頂。360°のパノラマはさぞかし気持ち良い事でしょうね。

3   Booth-K   19/08/16 00:42

パノラマに写る尾根道の両方向、臨場感があります。
続く尾根道は大好きで、程よくガスも出ていて、良いなぁ。

4   MacG3   19/08/16 07:38

コメントありがとうございます。
一眼で撮ったのはイマイチだったのでパノラマを投稿しました。
最近のマイブームです。

コメント投稿
光りに包まれた山頂
Exif情報
メーカー名 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
機種名 PENTAX KP
ソフトウェア Photoshop Lightroom 6.14 (Windows)
レンズ HD PENTAX-DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR
焦点距離 31mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/3200sec.
絞り値 F7.1
露出補正値 -1.3
測光モード 分割測光
ISO感度 200
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 3008x2000 (487KB)
撮影日時 2019-08-04 14:26:29 +0900

1   Booth-K   19/08/14 23:53

非日常的な景色はとても心に染みて、何となくパワーも、もらった様な気分です。

2   MacG3   19/08/15 10:26

山は良いなぁ~
時々で良いからは日常から離れたいですよ。
一瞬でもいいからリセットしないと心も体も持ちません。
歳取るとなおさらか。

3   Ekio   19/08/15 19:32

Booth-Kさん、こんばんは。
切り絵のような切り取りですが、ライブ感が表現されて上手いものだと思います。
背景のバランスも素敵ですね。

4   Booth-K   19/08/16 00:38

コメントありがとうございます。
この光でのシルエットは、やはり良いもんです。高いところは気持ちいいですね。

コメント投稿
なつもよう
Exif情報
メーカー名 OLYMPUS CORPORATION
機種名 E-M1MarkII
ソフトウェア Version 3.0
レンズ LEICA DG 50-200/F2.8-4.0
焦点距離 200mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/2000sec.
絞り値 F4.0
露出補正値 +0.3
測光モード
ISO感度 200
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 2820x2000 (565KB)
撮影日時 2019-08-12 20:31:44 +0900

1   Ekio   19/08/14 22:32

「ソレイユの丘」は海の近くの公園なんですが、ひまわり畑と海と言う構図は狙えません。
と、思っていたら望遠で抜けば何とかいけるか?と言う場所が1箇所ありました。
ピークを過ぎたひまわり畑は花びらが落ちたものも混じって、かっきり撮るとちょっと残念な雰囲気。
ここはボケ役だねと主役をヨットに持って行きました。

2   Ekio   19/08/14 22:36

P.S.
ヨットは白い帆のが欲しかったところです(^^ゞ

3   Booth-K   19/08/14 23:47

絵日記のような、夏の色、イメージが童心に還れそうです。
構成を工夫された成果をしっかりと感じ取れます。

4   MacG3   19/08/15 10:21

くそ暑い今日この頃ですが、涼風を頂いた気分になる一枚ですね。
外出たくないけど出ないと撮れないし、今週末は台風一過で35度越えか?

5   Ekio   19/08/15 19:22

Booth-Kさん、MacもG3さん、ありがとうございます。
しかし、暑さが年々厳しくなりますね。
週末はさらに暑くなりそうで、野外の撮影は危ないレベルになりそうです(^^ゞ

コメント投稿
山頂の人々_ペン太Ver
Exif情報
メーカー名 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
機種名 PENTAX KP
ソフトウェア Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)
レンズ
焦点距離 28mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/4000sec.
絞り値 F6.3
露出補正値 -0.3
測光モード 分割測光
ISO感度 200
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 2000x1330 (691KB)
撮影日時 2019-08-04 15:13:32 +0900

1   ペン太   19/08/14 21:56

タイトルは MacG3さんのお写真のパクリ
 シルエットの構図はBooth-K さんに 現地で撮影途中に見せて頂いたショットのパクリ、オリジナリティ皆無ですが^^;

朝焼け 朝陽を真逆光での人物のシルエット
伊吹山での御来光の時には必ず撮っていたのですが
 ここでは、そこまで頭が回らなかったです。。。

2   Booth-K   19/08/14 23:44

太陽&雲海に、山ガールをシルエットに入れた構成、ここならではの世界です。彼女たちも、ぼーっと景色を見ながら、動きたくない気分だったんじゃないかと思います。いつまで見ていても飽きない場所ですよね。

3   MacG3   19/08/15 10:19

人を入れることで臨場感がアップしますね。
この瞬間、あの瞬間とはこういった一枚を言うのでしょう。


4   Ekio   19/08/15 19:29

ペン太さん、こんばんは。
シルエットとともに流れる空気感がいいですね。
山頂からの景色に浸って至福の時間を楽しんでおられるのが分かります。
雄大な風景を見せていただきました。

5   ペン太   19/08/16 20:39

Booth-K さん
MacG3さん
Ekioさん

 こんばんは。コメントありがとうございます。

眼下の雲海を背景に、山頂で寛ぐ人物のシルエット
 この絵は やはり1枚は押さえておかないと。。。。ですね。

コメント投稿
銀竜草
Exif情報
メーカー名 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
機種名 PENTAX KP
ソフトウェア Photoshop Lightroom 6.14 (Windows)
レンズ HD PENTAX-DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR
焦点距離 85mm
露出制御モード 不明(0)
シャッタースピード 1/13sec.
絞り値 F5.6
露出補正値 -0.7
測光モード 分割測光
ISO感度 1600
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 3008x2000 (975KB)
撮影日時 2019-08-05 01:06:37 +0900

1   Booth-K   19/08/13 23:30

連投失礼します。
三本滝の帰りに見つけました。ちょっとピークは過ぎていますが、ここの後ろには4畳半ほどの群生が広がっていてびっくり。今まで、全く気が付かずに横を通り過ぎていたのか、今年の繁殖なのか??

2   ペン太   19/08/14 21:49

ユウレイソウ
 葉緑素を書いているので、幽霊の様に真っ白
これは不思議な植物(?ですよね?)

中心部が目玉みたいに見えます。
>林床に生え
 寄生していると言う事でしょうか?
これが群生、摩訶不思議な景色でしょうね。。。

3   Ekio   19/08/14 22:24

あれ?思わず二度見してしまいました。
植物と言うより生き物感があって不思議な姿です。

4   Booth-K   19/08/14 23:35

コメントありがとうございます。ギンリョウソウと言います。
初めてみた時は、きのこの仲間かと思いましたが、腐生植物の代表格の様です。青い目が、なんとも不思議な雰囲気ですが、一番左のを見てると確かに銀の竜の様にも見えますね。
来年は、気をつけてチェックしてみよう!

5   MacG3   19/08/15 10:15

探してもなかなか見つかりませんが、乗鞍には群生があるんですね。
ちょっと不気味だけど良く見ると可愛くもあります。

コメント投稿
至福の時間
Exif情報
メーカー名 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
機種名 PENTAX KP
ソフトウェア Photoshop Lightroom 6.14 (Windows)
レンズ HD PENTAX-DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR
焦点距離 16mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/1000sec.
絞り値 F7.1
露出補正値 -1.0
測光モード 分割測光
ISO感度 200
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 3008x2000 (1,922KB)
撮影日時 2019-08-04 14:12:33 +0900

1   Booth-K   19/08/13 23:11

ペン太さんの「残焼にそまる世界」と約20秒差。
やはりこの時間帯の光が一番良かったように思います。

ちょっとAIに処理を委ねてみました。(効果50%程度で)
こうきたか、なかなかやるじゃん・・という感じ。
回し者ではありませんが、以下のソフトです。
PHOTOLEMUR 3フォトリマー 3 
https://www.swtoo.com/skylum/photolemur/
どう現像していいか、訳わからなくなった時は、時々委ねます。(汗)
フリー版の結果を参考に、LRで現像することも以前はありました。


2   ペン太   19/08/14 21:44

うわ
 とうとう写真の現像の分野までAIが登場しましたか!
暗部まで、しっかり表現されている辺りがその効果でしょうか?

いずれにせよ、この雲海と朝陽のコラボ
 刻一刻と変る色彩 撮影しながらも見とれていました。

3   Ekio   19/08/14 22:21

Booth-Kさん、こんばんは。
>ちょっとAIに処理を委ねてみました。
たぶん、得意不得意はあるのでしょうが、良さげな表現ですね。
AIに任せるとは言ってもしっかり撮っておかないと絵にならないと思います。

4   Booth-K   19/08/14 23:23

コメントありがとうございます。
良い光の広がり具合で、ここに来た甲斐があったというものです。
AIは暗部の持ち上げと、全体的にやりすぎ感あるので効果を落としてやって丁度いい感じですが、確かに今までとはちょっと違う賢さを感じました。
まだKPのプロファイルは、今回現像しながら作成中なので、どんなんなるかなと使ってみました。

5   MacG3   19/08/15 10:14

一番しびれる時間帯ですね。
最近は朝晩の撮影が少ないので羨ましいです。
モニター見ながらあーだこーだ楽しいですよね。

コメント投稿
キヌガサソウ
Exif情報
メーカー名 SIGMA
機種名 SIGMA DP2 Merrill
ソフトウェア Photoshop Lightroom 3.6 (Macintosh)
レンズ
焦点距離 30mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/1000sec.
絞り値 F2.8
露出補正値 +0.0
測光モード 分割測光
ISO感度 200
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 3500x2333 (4,129KB)
撮影日時 2019-08-03 23:40:20 +0900

1   MacG3   19/08/13 22:02

花の盛りは過ぎつつありましたが
今年も撮れて良かったです。

2   Booth-K   19/08/13 22:59

見事な大輪、日差しの輝きも季節感がありますね。

3   masa   19/08/13 23:05

咲き始めの真っ白な花もいいけれど、結実間近の淡緑色の花被片は得も言われぬ風情がありますね。
樹林の中らしい陽射しが素敵です。群落でしたか?

4   ペン太   19/08/14 21:40

Booth-K さん masaさんが書かれていますが
 陽射しのライティングが絶妙ですね~。

木漏れ日が当たった様な感じで、臨場感があります。

5   Ekio   19/08/14 22:17

MacもG3さん、こんばんは。
落ち着いたペールグリーン、これは珍しい花色です。
目立たない分、見つけたら嬉しいですね。

6   MacG3   19/08/15 10:12

コメントありがとうございます。
いつも同じ場所(扇雪渓の手前)で群生ではなく遊歩道脇に3,4輪だけ咲いています。

コメント投稿
燃え上がる夏・本番
Exif情報
メーカー名 OLYMPUS IMAGING CORP.
機種名 XZ-1
ソフトウェア Photoshop Lightroom 4.4 (Windows)
レンズ
焦点距離 9.9mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/40sec.
絞り値 F8.0
露出補正値 -0.7
測光モード 分割測光
ISO感度 640
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 2667x2000 (3,580KB)
撮影日時 2019-08-14 03:54:23 +0900

1   ペン太   19/08/13 21:30

連貼り、すjみません。

 今日の帰宅時の車中から
湧き上がる積乱雲が夕日で赤く染まって
圧巻の景色に、手元に置いてあった
懐かしのCCDカメラでのショット(信号待ち・停車時の撮影)

2   Booth-K   19/08/13 22:54

凄い迫力。そこの山が噴火でもしたみたいな危機感さえ感じるお写真です。
カメラって、やはり持ってることが大事ですね。

3   ペン太   19/08/14 21:37

この日、三河から北へ向って帰宅途中
 いくつもの夏らしい積乱雲が見えていたので
この焼けは予測で来ました。

 お散歩カメラ助手席にスタンバイで、一番の焼けのタイミング+
信号待ちの時に撮ったショットです。

4   Ekio   19/08/14 22:12

凄い雲ですね。ニュースにでもなりそうなお写真です。
この雲の下ではどんな天気だったのでしょうね。

コメント投稿
残焼にそまる世界
Exif情報
メーカー名 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
機種名 PENTAX KP
ソフトウェア Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)
レンズ
焦点距離 39mm
露出制御モード 絞り優先
シャッタースピード 1/1600sec.
絞り値 F6.3
露出補正値 -0.7
測光モード 分割測光
ISO感度 400
ホワイトバランス
フラッシュ なし
サイズ 3000x1995 (1,442KB)
撮影日時 2019-08-04 14:12:09 +0900

1   ペン太   19/08/13 21:23

Booth-K さんの”線香花火の様な”の数分後

昇りきった太陽と、まだ残る朝焼け色に
 全ての景色が染まった時間。。。。。
日の出前の青の時間と共に好きな色彩の世界です。

刻一刻と変る景色・・・無我夢中だった気がします。

2   Booth-K   19/08/13 22:42

黄金に包まれる感覚、皆いなくなっても私達だけはしばらく居座って堪能できましたよね。あっという間に変わる風景に、騒ぐ血を抑えながら、あれ撮って、こうも撮ってと日の昇る早さに焦りながらの撮影でした。
楽しい時間でしたね。露出をしっかり追い込んでいるのは流石です。

3   ペン太   19/08/14 21:35

Booth-Kさん こんばんは。

 夜明け前の青から朝焼けの赤
そして日の出後のこの金色と
どれもが見逃せない素晴らしい景色でした。

頂上に着いてから、撮影している時は足の痛みは感じる事無く・・・
 まだ体内予備電源は有るみたいですね。。。

4   Ekio   19/08/14 22:09

ペン太さん、こんばんは。
名残の朝焼け、次第に色と明るさが昼間の色に近付いて来る光景です。
カメラで止めた時間にはもう会えないかも知れませんが、また別の表情を見れたら良いですね。

コメント投稿